頭寒足熱・冷え取り健康法

自律神経やホルモンバランスの調整、婦人科系の病気、睡眠障害、頭痛、ストレス、冷え、さまざまな症状に効果的な健康法です。

 

頭寒足熱・冷えとり健康法の基本は、半身浴と湯たんぽです。
どちらからでも結構ですので、ご自分に合った方法から取り組んでください。

 

半身浴について

 

湯たんぽついて

 

※使い方を工夫すると湯たんぽは一年中使えます。(湯たんぽは「冬だけのもの」という先入観を見直す)お風呂に入ることが面倒だと感じる方にもおすすめです。

 

〇関連記事
古来から伝わる健康の秘訣、頭寒足熱・冷えとり療法を全ての現代人におすすめしたい具体的な理由

 

当整体院で指導しているセルフケアの基本は、半身浴と湯たんぽです。
この2つのケアを行えば、大抵の症状は緩和していきますから、基本的にはこれだけで十分です。

しかし、中には。

「半身浴と湯タンポに取り組んだ上で、さらに他の健康法にもチャレンジしてみたい方」

「施術の効果をさらに高めたいと思っている方」

もいらっしゃると思います。
そんな方々におすすめしたいのが冷えとり靴下の重ね履きです。

 

冷えとり靴下の重ね履きついて

 

※菊地屋で販売しております(通販などは行っておりません)ので、ご興味がある方はお声がけください。

 

冷えとり靴下の重ね履きは、大阪市立病院の副院長を勤めていた進藤義晴氏が提唱している民間療法です。
最初の著書が二十年以上も前に発刊されていますが、現在まで幾度も増刷され、支持され続けられています。

 

当時の患者さん達に冷えとりを実践してもらったところ、クライアントさん一人当たりの施術回数や薬の使用量が余りにも減少し、病院の経営を圧迫してしまったということで、進藤氏は病院を辞めざるを得なくなった・・
という逸話があるほど、非常に有効な健康法です。

 

冷えとりの主な狙いは、下半身を温め、上半身ののぼせを改善し、頭寒足熱の身体に導いてゆくことで、気や血液、リンパ液、その他の体液の循環を緩和することです。
(詳細は冷えは万病の元と言われる理由をご覧ください)

 

循環が改善されることで、細胞に十分な栄養や酸素を運ぶことができ、炭酸ガスや老廃物などの排出もスムーズになると考えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です