手当て整体とは、私たちの本能が求める、最も自然で最もシンプルな施術法

 

私たちの身体には、どこかに不調が出ると、無意識的にその部分に手を当てることで症状を緩和しようとする自己調整システムが備わっています。

 

例えばあなたも、ケガした場所をさすったり、目の疲れを緩和させようと目頭やこめかみをマッサージしたりなど、日常的に手当てを行っているのではないでしょうか。

 

こうした一連の行動は、基本的に無意識に行っているものなので、その行動が重要な意味を持っているとはなかなか考えにくいかと思います。

 

しかし、無意識的な行動とは、私たちの潜在意識やDNAなど、深い部分に書き込まれた本能的なものと言えます。

 

精密なシステムである身体が、わざわざそこまでして手当てという自己調整システムを採用しているのですから、手当ての有効性は私たちの身体が保証してくれていると考えることもできるのではないでしょうか。

精神面にもアプローチできる手当て整体

 

手当ての素晴らしさは、身体を自己調整することだけではありません。
実は、精神面をケアすることにも長けているんです。

 

その例は、日常に溢れています。

 

例えば、子育てをしているお母さんは、子供の頭をなでたり、身体に触れながら添い寝をしたり、体調が悪そうであれば、お腹や背中をさすってあげたりしますよね。
すると、子供はリラックスして眠り、具合が落ち着く事がよくあります。

 

また、落ち込んでいる人の肩に手を置いてあげたり、気分の悪そうな人を介抱する時に、背中をさすったりしますけど、そうされた人間は不思議と気分が落ち着いてくるものです。
(身体に触れ合うことで情緒を安定させるオキシトシンというホルモンが分泌されると言われています)

 

このように私たちは、無意識的なコミュニケーションの中で、誰かから手当てをしてもらったり、自分で自分に手当てをしたりしながら心身をケアしているんですね。

 

心と身体が本能的に求めているものだからこそ、手当ては私たち人間にとって最も自然で受け入れやすい施術法なのではないかと考えています。

 

菊地屋では、この手当てという最も自然で最もシンプルな施術法に、伝統的な気功(「気」という生命エネルギーの流れを整えることで心身のバランスと整える方法)を融合させた「手当て整体」という技術を使って施術を行ってます。

 

身体に優しく触れる程度の技術のため、ボキボキと骨を鳴らしたり、痛みを感じるようなことはまったくありませんので、そういうのが苦手な方にも安心して受けていただくことができます。

手当て整体を受けた時の印象をイラストで表現してみました。

 

何度か菊地屋の施術を受けたことがあるイラストレーターの方にお願いして描いていただいたイメージイラストです。手当て整体がどんなものなのか、イメージしやすくなると思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちょっと変わったコンセプト

 

一般的な整体院の多くは、身体面へのアプローチを中心に施術していくのがふつうです。

 

菊地屋でも、辛い症状を軽減させたり、これ以上病気を悪化させないようにするための身体的なアプローチはもちろん大切にしています。

 

しかし、もっと本質的で重要なことがあると思っています。

 

それは、クライアントさんが自分の力でストレスをコントロールできるようになり、これまでよりも楽に生きることができるようになるお手伝いをすることだと考えています。

 

具体的には、手当て整体と独自のカウンセリングによって、イライラ、不安、焦り、あらゆるストレスフルな感情が生まれる原因である自己否定感を解体、再構築することで、身体だけではなく、心の底から症状を緩和することを目指しています。

 

話はいったん脱線しますが、先に共有しておきたい情報です。
平成25年度に、日本を含めた7カ国の13~29歳の若者を対象とした意識調査※の結果によると、「自分自身に満足している」と回答した若者は、アメリカは86%、イギリス83.1%、フランス82.7%と、他の先進国が80%を上回る中で日本の若者は「45.8%」と、かなり大きな隔たりがあることがわかっています。

(※意識調査の詳細⇒今を生きる若者の意識~国際比較からみえてくるもの~

 

あまり悪目立ちしないように「ふつう」であることを強いられたり、高い能力を持っていても「自分など大したことありませんよ」と、謙遜することを美徳とするような日本の文化が、この数値に現れていることは間違いないと思いますが、さすがにこの数値を見た時は愕然としました・・

 

自己否定の感情はあらゆる仕事の生産性を低下させ、病気の可能性を高める傾向があることを考えると、この感情とどう付き合っていくかという問題は、私たち日本人にとって向き合うべき課題の一つなんじゃないかと思います。

自己否定の感情・ストレス・病気の関係

 

本文に戻ります。

この仕事に携わってからもう13年以上経ちますが、さまざまなクライアントさんと接してきた経験から、症状が重く改善しづらい方ほど、自己否定の感情が強くストレスを感じやすいという共通点があることに気付きました。

 

自己否定感とは、文字通り、自分自身を否定してしまう感情のことです。

 

程度の差はあれ、誰にでもコンプレックスや劣等感があるように、自己否定の感情はどんな人の心の中にも存在しています。

しかし、この感情があまりに強すぎると、さまざまな形を取って、その人の人格や行動にネガティブな影響を及ぼしてしまうんですね。例えば・・

 

 自分に自信を持てない

 我慢することがクセになっている

 空気を読み過ぎてしまう

 漠然とした不安を感じやすい

 自分よりも優れていると感じる人や自分のことを認めてくれる人に依存しやすい

 他人の意見にすぐ振り回されてしまう・・

 

または、「このままの私では誰も評価してくれないだろうから、もっと優れた人間にならなくてはいけない」といった自己否定の感情が、ストイックさにつながってしまうと・・

 

 完璧主義

 真面目すぎる

 頑張りすぎる

 明るくいい人であろうとして無理をしてしまう

 あらゆることに妥協できない・・

 

といった人格の傾向が現れやすくなるようです。
(ストイックで自信がありそうな人でも、自己否定感が強いケースは少なくありません。このケースでは、本人がそのことに気付いていない場合も多いようです)

 

このように、自己否定感が人格に与える影響は人によってさまざまなんですが、現れる形に関係なく共通しているのは、自分を否定し続ける生き方は大きなストレスを生み、心と身体にかかる負担が大きいということです。

 

慢性的なストレスは、血圧を上昇させ、血液をドロドロにしてしまいます。
すると血液の循環が悪くなり、細胞に栄養や酸素を供給したり、老廃物を排出しづらくなるため、病気も緩和しづらくなってしまうんですね・・

 

つまり、病気を改善させるためには、ストレスを生み出し続ける自己否定の感情を解体することがとっても重要で、一番の根本原因である自己否定感さえコントロールできれば、ストレスも激減し、連鎖的に病気の症状も緩和しやすくなるんです

 

自己否定の感情を減らすために、どんなアプローチをするのか?

 

基本的には以下の3つの方法でアプローチを行うことで、クライアントさん自己否定感を解体していきます。

 

 手当てを行うことで、情緒を安定させるオキシトシンというホルモンの分泌を促し、脳機能の面から自己否定感を解体していく。

 怒りや不安、興奮などのネガティブな感情が生まれやすくなる頭に熱がこもった(頭に血が上った)状態を、
「頭寒足熱(ずかんそくねつ)下半身の血流がよく、頭がクールな状態」に変えていくことで、身体面から自己否定感を解体していく。

 プロのカウンセラーやプロコーチも認める、菊地屋独自のカウンセリングによって潜在意識に働きかけることで自己否定感を解体していく。

 

脳機能の面、身体面、潜在意識の面など、さまざまな方向からアプローチすることで、相乗効果的に自己否定感を減らす方向へと導いていきます。


施術の流れについて

 

①カルテの記入

画像の説明

ご予約当日は、カルテのご記入をお願いしておりますので、出来るだけ施術開始時間の「10分」ほど前にはお越しください。


②ヒアリング・施術方針の説明

画像の説明

お困りの症状について丁寧にお話を伺います。
具体的な症状、いつ頃から続いているのか、思い当たる原因など、こちらから質問をさせていただきますので、差し支えない範囲でお答えください。

 

その情報を元に症状の原因を推測し、施術方針と一緒に出来るだけ分かりやすくお話ししていきます。

 

初回の施術では、クライアントさんとの信頼関係を深めるため、ヒアリングと説明だけで半分の時間を使う事もあります。


③身体チェック

画像の説明

クライアントさんご自身では気付かないような身体の歪みをチェックし、現状を把握していただきます。
具体的には、骨格の歪み、関節の可動制限、筋力などのチェックです。
施術後、心身のバランスが整ったかどうかの基準となる大切な検査です。


④施術

画像の説明

菊地屋では、クライアントさんとのコミュニケーションを大切にしています。
施術中、聞きたい事、話したい事があればいつでもお声がけください。


⑤施術後の確認検査

施術前にチェックした問題点が、どう変化しているか改めてチェックします。
心と身体、両面からの施術は自己治癒力を活性化させ、明らかな改善点が見られるはずです。


⑥セルフケアのアドバイス

画像の説明

順調に症状を改善していくためには、ライフスタイルの中に適度なセルフケアを取り入れていくことが大切です。
クライアントさんにとって、やり過ぎにも、やらなさ過ぎにもならない、ほど良いセルフケアの方法をアドバイスします。


⑦次回のご予約

クライアントさんの心身の状態を見極め、次回の施術日をいつにするのか、適切なタイミングをお知らせします。
予定が立たない場合は、気軽におっしゃってください。


施術間隔の目安について

 

菊地屋では、施術に頼りきるのではなく、「クライアントさん自身にも積極的にセルフケアを行っていただくスタイル」を大切にしている為、一般的な整体院よりも平均的な施術回数を少なく設定しています。

 

症状の状態、クライアントさんのタイプによって個人差はありますが、多くのクライアントさんが施術を開始してから最初の4週間(1ヶ月)は、「週に1度」のペースでお越しになられます。

もちろん、このペースは絶対的なものではありません。

週に1度のペースが難しい場合はお気軽にお伝えください。無理なく通えるペースを相談しましょう!

 

その後、10日に1度。2週間に1度。3週間に1度。1ヶ月に1度・・と、どんどん間隔を延ばしていきます。

 

症状が安定してくれば、クライアントさんのご希望を伺いながらさらに間隔を開けていきます。

 

菊地屋の施術料金は安くはありませんが、月に1回、人によっては2か月に1回という方もいらっしゃいますので、実は6000円で一般的な整体を何度も受けるよりも(一般的な整体院では、最低でも月に2回、多い場合は月に4回、そのペースが数か月続くケースが多いようです)結果的に出ていく出費はリーズナブルになるはずです。


室内のようす

 

画像の説明

寝心地が良い、大きめのベットでの施術となります。

 

画像の説明

カルテなどをご記入いただくソファーです。

 

画像の説明

ご興味のある本がございましたら貸出しておりますので、お気軽にお声がけください。

必要以上の物が無いシンプルな室内ですが、なるべくリラックスできるような空間作りを心掛けております。

クライアントさんからいただいた喜びの声

 

 

夜も寝れず外出もひかえる日々が続いていました。

子宮腺筋症、偏頭痛、腰痛、冷え性などでお悩みだった町田市在住N・Aさんからいただいた感想をご紹介します。

今までに二度、子宮筋腫・腺筋症・卵巣嚢腫の手術をしているのですが再発となりました。

あまりにも痛みがひどく、痛み止め薬も短時間しか効かず、大量に飲み、生理痛・排卵痛とあり、夜も寝れず外出もひかえる日々が続いていました。

再手術を決心し、腺筋症手術で有名な病院に予約しましたが、人気病院の為、一番早くて1年6か月後。
この間に痛みに耐えれるのか・・

手術してもらえるまで、痛みを軽減する方法はないかとインターネットで調べる日々が続いてました。
そんな中、見つけたのが「菊地屋」さんです。

漢方は試したことがあるのですが、気功で生理痛が軽減されるのか疑問はあっ たのですが、少しでも痛みが軽減されるならとチャレンジしてみました。

最初の1か月は毎週通い、2か月目からは間隔をあけて施術をうけました。(現在は1か月1回程度)。
そして、セルフメンテ、冷え取り靴下、湯たんぽ、半身浴。

完ぺきではないですが、できる範囲で続けていくうちに痛みが軽減されていきました。

大量摂取していた痛み止めの量も激減し、偏頭痛もついでによくなりました(ラッキー)。

おかげで病気と上手につきあっていくことができるようになったと思います。

今でも病院に通っていますが、手術することは考えていません。
「病院」と「菊地屋」さんとうまく両立できればいいなと考えています。
ありがとうございました。

※施術の効果には個人差があります。

201412180011


私としては驚きの変化です。

子宮筋腫でお悩みの、茨城県在住K・Uさんからいただいた感想をご紹介します。

3カ月前、子宮筋腫の診断を受け、手術や科学療法以外の方法はないかと探していた所、菊地先生のことを知り、お世話になることにしました。

今までに数回施術していただき、施術後に体が軽くなっていることに気付きました。

また生理もいつもより軽くなり、生理特有の苛立ちなども軽減しており、精神的にも落ち着いてきたように思えます。

今までは些細なことでもイライラしたりしていましたが、大分楽になったように感じられました。私としては驚きの変化です。

これからもこちらで施術を受け続けていきたいと思っています。※施術の効果には個人差があります。

auto-h9lkp31


一番変わったのは精神面です。

卵巣嚢腫手術後の体調不良、胃腸虚弱、めまい、ふらつき、腹痛などでお悩みだった品川区在住S・Aさんからいただいた感想をご紹介します。

菊地屋さんに通うきっかけは「気功って良いよ」という友達の言葉でした。

卵巣嚢腫の手術後、体調不良に悩まされていました。

漢方薬を飲んでいましたがイマイチぱっとせず、元々不定愁訴も多く根本から体質改善をしたく、菊地屋さんのHPを見てなんか良さそうだと思い有料体験を申し込みました。

目に見えないものはあまり信じないタイプなので最初は手をあてただけで本当に改善するのだろうかと疑問に思っていましたが、左右の手の長さが揃ったりするのを見てしばらく通ってみようと思いました。

通い始めて約4か月、だいぶ調子も良くなってきて、術後一番辛かっためまいやふらつき感はなくなりました。

一番変わったのは精神面です。

完璧主義で言われた事はきっちりやる、そんな性格なので菊地屋さんに通う前に行っていた整体院で言われた事(養生法)をしっかりきっちり守って実践していましたがあまり良くなりませんでした。むしろとてもストレスになっていました。

施術中に菊地先生を色々話すうちにだいぶゆるゆるな性格になってきました。

そのせいかいつも健康診断の結果はあまり良くないのに今年は良かったのです。

これからも菊地先生の手を借りながらもっと元気になりたいと思います。

※施術の効果には個人差があります。

201403251

ここでご紹介しているご感想はほんの一部です!
合計で300件以上のご感想を掲載しております。ご興味がある方は「こちら」からご覧ください。
顔写真を掲載していない理由
菊地屋ではあえてクライアントさんの顔写真を掲載していません。

ホームページにクライアントさんの顔写真があれば、それだけで信頼感が増すことはわかっているんですが、今の時代、ネット上に進んで自分の顔写真を出したいと思っている方ってほとんどいないと思うんですよね。

ましてや菊地屋には婦人病でお悩みの方も沢山お越しになりますし、そういったデリケートな問題でお悩みの方が望んで顔を出したいはずがないので、クライアントさんのプライバシーを第一に考えた結果、あえて顔写真の掲載をやめることにしました。(その代わり、顔が判別できない写真は多数掲載させていただいております)

ということで、菊地屋では「ホームページに掲載したいので写真撮らせてもらってもいいですか?」といった、クライアントさんのプライバシーを踏みにじるようなお願いをすることは一切ありませんのでご安心ください。

対応している症状

 

※ここに書かれていない症状でも、対応できるものもありますので、お気軽にお問合せください。

婦人科系疾患・女性に多い病気

子宮筋腫 子宮内膜症 子宮腺筋症 子宮の痛み 子宮頸管ポリープ 子宮内膜ポリープ 子宮脱・子宮下垂(骨盤臓器脱) 卵巣嚢腫(卵巣腫瘍) チョコレートのう腫(嚢胞)  卵巣の腫れ  生理痛・生理不順 月経過多(生理の量が多い) 腰痛 月経前症候群(PMS) 月経前不快気分障害(PMDD) 更年期障害  卵巣機能低下症(若年性更年期障害) 不妊症 冷えのぼせ(ブログ記事へ) 下肢静脈瘤 急性膀胱炎 慢性膀胱炎 貧血 カンジダ膣炎・・など


頭・首・目・耳・喉(のど)・肩・腕の症状

頭痛・偏頭痛 頭熱(のぼせ)(関連サイトへ) 首コリ・肩コリ 眼精疲労 ドライアイ 耳鳴り 声が出にくい 歌がうたいづらい 痙攣性発声障害(SD) 発声時頸部ジストニア・・など


足・腰の症状

腰痛 坐骨神経痛 (子宮)下腹部の痛み 下肢静脈瘤 足のしびれ 足のむくみ(浮腫み)・・など


内臓の問題・神経系・免疫系の症状・精神的な問題

冷え(関連サイトへ) 自律神経失調症 睡眠障害(入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害) 不眠症 更年期障害 吐き気 めまい 貧血  便秘 頻尿 気象病(お天気病) ストレス  慢性疲労症候群 あらゆる内臓疾患


その他の症状

あらゆる不定愁訴(原因がわからない症状)

対応が難しいケース

 

人それぞれ「整体院に望むもの」は違います。

想像と違った・・と、後で落胆しないためにも、予め対応が難しいケースをご確認ください。

 

 マッサージをして欲しい方

 現状を「変えたい」と思っているのではなく、誰かに「変えてほしい」と思っている方

 簡単なセルフケアなど、自助努力はまったくしたくない方

 男の施術家と一対一は避けたいという方

 子宮や卵巣にできた患部のサイズをどうしても小さくしたい方(子宮や卵巣の病気ではない方は、読み飛ばしていただいて結構です)

 

施術をお受けできない理由

マッサージをして欲しい方

菊地屋で採用している手当て整体は、その名の通り、身体に手を当てて、気を流していくソフトな技術です。身体をさすったり、揺らしたりすることもありますが、一般的にイメージされるような肩や腰を揉んだり指圧するようなマッサージとはだいぶ違います。

現状を「変えたい」と思っているのではなく、誰かに「変えてほしい」と思っている方

苦しい時に、「現状をなんとかしてほしい」と思うのは仕方がないことだと思います。
しかし、施術家ができることは、あくまでも現状を変えるお手伝いなんです。

 

映画で例えれば、クライアントさんが「主演俳優」だとすれば、施術家は「助演俳優」でしかありません。
もし主演俳優が、作品に対する情熱を持っていなかったとしたら、まず間違いなくその作品は「大コケする」と思います・・

 

「絶対に自分の力でなんとかするんだ!」なんて、過剰な気合いは必要ありませんが、少なくとも「自分にも何かできることがあるはずだ」というくらいの自主性は必要だと思います。

簡単なセルフケアなど、自助努力はまったくしたくない方

人生100年時代という言葉を、長寿時代の生き方を説いた著書『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』の中で提言した英国ロンドンビジネススクール教授のリンダ・グラットンさんによると、これからの時代は「多くの人が80歳近くまで働かなくてはならなくなる可能性がある」そうです。

 

今後どんどん寿命が伸び続けている時代において、最も資産価値が高いのは間違いなく健康です。(いくらお金があっても健康でなければ人生を楽しむことは難しいですし、とにかくできるだけ長く働き続けることが大切ですからね)

 

そういう意味では、心身のセルフケアほどリスクが小さくリターンが大きい投資は他に存在しないと思います。

 

世の中の変化が速すぎて、未来が読めないこんな時代だからこそ、時代に関係なく重要だと確信できる心身の健康のために、ある程度の時間と労力を割くことが大切になってくるのではないでしょうか。

 

ちなみに、私はファイナンシャルプランナー2級の資格(クライアントさんの人生設計を経済面からサポートするための資格)をなぜか持っているんですが、経済面で将来に不安を感じている方は特に心身のケアに取り組んだほうがいいと思っています。

 

下手な金融商品や胡散臭い儲け話で一発逆転を狙うリスクを負うよりも、地道にセルフケアに取り組んで、できるだけ長く働き続けるための健康にお金と時間を投資したほうが現実的ですし、明らかにリターンが大きいですからね。


 

また、前述したコンセプトの中でもお伝えしたように、菊地屋では病気を根本的に改善するためには、誰の心の中にも存在する自己否定の感情(コンプレックスや劣等感)をコントロールする必要があると考えています。

 

そのためにも、自分の心と身体を大切にする行為であるセルフケアを習慣化することで、自己否定の感情を潜在意識レベルで解体していくことが重要だと考えています。
ということで、こういった考えを背景に、菊地屋の施術はセルフケアを行うことを前提として組み立てられています。

 

とはいえ、菊地屋でおすすめしているセルフケアは、週に5日働いている方や家事や育児で毎日忙し方でも、無理なく行うことができるレベルの簡単でお金もかからないゆるめのセルフケアですので安心してください。

男の施術家と一対一は避けたいという方

菊地屋は、1人で施術を行う整体院です。
クライアントさんの9割以上は女性ですが、みなさん、最初にお越しになる時は緊張されたようです。
男の施術家と一対一になるのですから、不安になるのも当然だと思います。

 

こればっかりは、ホームページやブログをご覧いただき、私が信頼できそうな人間か判断していただくしか無いのですが、それでもなおご不安だという場合は、残念ですが、他の整体院をお探しいただいた方が良いかもしれません・・

子宮や卵巣にできた患部のサイズをどうしても小さくしたい方

婦人病の患部のサイズにこだわってしまい「絶対に小さくしたい」と思っている方は少なくありません。
そのお気持ちはよくわかるのですが、病気と向き合うスタンスとしては、かなり苦しい道のりになる可能性が高いのであまりおすすめできません・・

 

そもそも、子宮筋腫や卵巣嚢腫、子宮内膜症や腺筋症、ポリープなどは手術で患部を切除したとしても再発が多い病気ですし、ホルモン療法によって患部が小さくなったとしても、しばらくしてまた大きくなってしまうケースが少なくありません。

 

つまり、子宮や卵巣の病気のほとんどは、子宮や卵巣を全摘出しない限り、基本的に共存していく病気なんです。

 

毎回、経過観察の度に患部のサイズに一喜一憂し、病気に振り回される生き方はかなりのストレスを生むでしょうし、そのストレスのせいで新たな病気を引き寄せてしまうかもしれません・・

 

そんなことにならないためにも菊地屋では、できるだけこれ以上症状を悪化させないようにコントロールしながら、閉経までおだやかに婦人病の患部と共存していくことを提案しています。

 

患部と共存していくという姿勢を消極的だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、なぜ、あえて病気と共存することを提案しているのかというと、自分の細胞でできている患部と敵対するということは、自分と敵対し、自分を責めることと同じだからです。

 

これはまさに自己否定そのものですから、コンセプトの中でもお伝えしたように、病気を改善するためにも患部と敵対しない(自分を否定しない)ことが重要なんです。

 

病気の患部と共存していく(自分のネガティブな面をとりあえずいったん受け入れる)ことを通じて、自分の心身を尊重する生き方にシフトしていくことができれば、自己否定の感情は必ず潜在意識レベルで書き換わっていくと考えています。

アクセス

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-20-8  代官山パーフェクトルーム612号室

以下の5つの路線からアクセスできます。

〇東急東横線
〇JR山手線
〇JR埼京線
〇JR湘南新宿ライン
〇東京メトロ日比谷線

駅から菊地屋までの道順

 

菊地屋までの道順を「写真」で分かりやすくご説明しておりますので、ご利用される駅をクリックしてください。

代官山駅からのアクセス (徒歩3分)

恵比寿からのアクセス  (徒歩9分)

中目黒駅からのアクセス(徒歩15分)

お車でお越しの方へ

 

コインパサーチ!!で最寄パーキングをご確認ください。

施術料金について

 

お支払いは「現金のみ」になります。クレジットカードの取り扱いはございません。

 

コース 料金 初回料金 初回のお支払い料金 2回目以降の料金
手当て整体コース(基本コース) 9000円 2000円 11000円 9000円
リーズナブルなお試し体験コース 3000円 初回料金なし 3000円 1回限定のコースです。

一般的な整体院よりも高い9000円という値段設定の理由

 

金銭感覚は人によって違いますが、一般的な整体と比較して9000円という値段設定を高いと感じた方も少なくないと思いますので、料金について少しご説明させていただきたいと思います。

 

一般的な整体院の料金としてではなく「整体 × カウンセリング」の料金として考えてみてください。

渋谷区の整体院の料金相場は大体「6000円~8000円」くらいなので、9000円という値段は一般的な整体院としてはたしかに高く感じると思うんですが、これがカウンセリングの料金設定だとしたらどう感じますか?

 

カウンセリングを受けたことがない方はご存知ないと思うのですが、プロのカウンセリングを受けようと思うとそれなりにお金がかかるもので、渋谷区のカウンセリング料金は1時間で「10000円~12000円」くらいが相場だと言われています。

(ちなみに、コーチングになると、1時間で「10000円~35000円)くらいが相場みたいです。高い人だとふつうに10万円以上しますし、100万円以上かかることもあります)

 

私自身は、あらゆる病気や生きづらさは心の問題が深く関係していることを確信してますので、カウンセリングやコーチングの値段設定をあまり高いとは思わないんですが、いくら興味はあったとしても、話をするためだけに数万円も支払う気にはなかなかなれない・・と感じる方が少なくないのではないでしょうか。

 

一方で、同じような料金設定でも、エステやリンパドレナージュ(共に15000円~20000円が相場)のような、身体ではっきりと心地よさを感じたり、効果を実感できる施術であれば、ある程度高くても受けてみたいと思う方はわりと多いのではないでしょうか。

 

何が言いたいかというと、おそらく多くの人は、目にも見えず触れることもできない「心のケア」にお金をかけるよりも、はっきりとした実感がある「身体のケア」のほうにお金をかける傾向があるということです。

 

もちろん身体面のケアも大切なんですが、あまりそちらに偏ってしまうのは問題だと思っています。

 

なぜなら、これからは身体面よりも、明らかに精神面のケアが必要な時代になってくると考えているからです。

 

変化が激しい時代=人間の精神が不安定になる時代=心のケアが必要な時代

 

ご存知のように、今の世の中はものすごいスピードで変化しています。

 

本能的に、人は「変化を怖がる生き物」なので、これだけ世の中の変化が激しいと、心のバランスを崩してしまう方が増える傾向があるんです。

 

なにせ、これから医療の進歩によって寿命が伸びることが確定していて(人生100年時代と言われていますからね)、それに伴って働き続けなくてはいけない期間も伸びる。その一方で、多くの仕事が機械化されて無くなってしまうと言われてるわけですからね・・

 

それに、時代の変化に適応するのが早い若い世代の多くが、いい大学やいい会社に入ったり、結婚して子どもを作ったり、マイホームや車を購入することへの関心が薄れていることから見てもわかるように、これまで幸せのモデルとされてきた、誰もが目指すべき生き方のようなものもどんどん形骸化していってます。

 

つまり、これまでの価値観や常識がだんだん通用しなくなってきてるんですね。

 

これって冷静に考えると、かなり怖いことだと思うんです。

 

全く先が読めないということですからね。

 

どうやって生きていけばいいのかわからない・・
そんな閉塞感がただよう社会の中で、人々の心にはおそらく不安や焦り、イライラなどが増えていくはずです。

 

場合によっては、精神のバランスを崩して心の病気になってしまう方や、それに関連した事件や事故なども増えていくのではないでしょうか。(実際、ニュースで報道される事件や事故なんかを見ると、既にそういう兆候が現れている気がしてなりません・・)

 

つまり、変化が激しい時代とは、人の心が不安定になる時代であり、心のケアが必要な時代ということなんですね。

 

そこで私は、心のケアがもっと社会に浸透するように、整体院という身体をケアする場所で、質の高いカウンセリングを行えばいいのではないかと考えました。

 

カウンセリングやコーチングに数万円は出せない方でも、はっきりと効果を実感できる身体的なケアと精神面のカウンセリングを同時に受けられるとなれば、興味を持っていただけるのではないかと思ったからです。

 

菊地屋には実際にプロのカウンセラーやコーチの方がお越しになってますが、独特な方法で行うカウンセリングをとても評価してもらってます。

 

つまり、菊地屋で提供している整体は、ただの整体ではなく、心と身体に対して同時にアプローチすることができる「カウンセリング整体」とでも表現できるものなんです。

 

ちょっと大げさかもしれませんが、菊地屋にお越しいただければ整体だけではなく、プロも認めるカウンセリングを同時に受けられるということです。

 

渋谷区の整体院(6000円~8000円)と、カウンセリング(10000円~12000円)を別々に受ければ、合計20000円ほどになってしまうことを考えると、9000円という料金は、わりと常識的な設定であることがお分かりいただけるのではないかと思います。

 

「自分自身の言葉」を取り戻すための、独特なカウンセリングとは?

菊地屋のカウンセリングは一般的なものとは違い、何気ない会話の中で何気なく進行し、何気なく終わっているような、カウンセリングっぽさを極力排除したものとなっています。

 

私がクライアントだったら、「今からカウンセリングをします」という態度をされると力んでしまう気がしますし、なんとなく「用意された言葉」というか、それっぽいことを無意識に話してしまって、本音を話せないような気がするんですよね。

 

街頭でインタビューに答えている素人の方を見ると、明らかに「こう答えておけば間違いないんでしょ」という感じで答えている方が多く、そういうのを見ると「本気で思ってもないことを、よくこんなに真顔で話せるもんだな・・」と反射的に鳥肌が立ってしまうんですが・・

この感覚、なんとなく伝わるでしょうか・・

 

つまり、わかりやすい状況を設定すると、多くの人は「それ用の言葉」で話し出す傾向があるわけです。

 

厄介なことにクライアントさん自身は、それでもなんとなく自分のことを話した気になっていたりするものなんですが、プロの目から見れば、明らかに本音を語っていないことははっきりとわかるわけです。

 

そこで、私が重要だと考えているのが、全くカウンセリング臭のしないカウンセリングです。

 

何気ない会話をしていると、あちこちにクライアントさんの本音が垣間見える瞬間があるので、そのトピックを自然に広げていくことで、何気なく重要な話に移行していきます。

 

個人的には、カウンセリングをしているように思われてしまうレベルでは赤点で、「病気についての話は全然していないし、こんなに日常的な話ばかりしてて大丈夫なのかな?」と思ってもらえるくらいがちょうどいいと考えています。

 

カウンセリングがうまくいくと、クライアントさんが語る言葉が「それ用の言葉」から、だんだん「自分自身の言葉」に変わっていくことがわかる瞬間があるんですが、それを感じた時、実は静かに感動してたりします(笑)

 

自分自身の言葉で語るという行為は、時に「人の心を動かす」ということなのだと思います。

 

「あなたは自分自身の言葉で話せていますか?」

 

 

コースの詳細

手当て整体コース 9000円

 

 

施術時間 初回はカウンセリングに時間をかけるため約60分です。2回目以降は約50分となります。

 

心身のバランスが整った時点で終了となりますので、終了時間が早まることもあります。

 

身体に手を当てながら気(心身のバランス整えるエネルギー)を送ることで、最も心身が活性化する「頭寒足熱」の身体を作っていきます。
体質を変え、あらゆる症状の緩和、予防を目指すためのコースです。

 

筋肉や骨格、内臓に関連した症状はもちろん、自律神経系、ホルモンバランス、免疫系の問題にも対応していきます。
細胞が活性化し、身体が芯から「ほどけていく」ような感覚を味わうことができます。

 

身体に優しく触れる程度の手技が中心となっているため、ボキボキと骨を鳴らしたり、痛みを感じるようなことはなく、とてもソフトな施術になります。

体験モニターコース 3000円

 

 

施術時間 約40分

※時間の関係上、どうしてもカウンセリング時間が短くなるため、初回からじっくり話をしたい方は、手当て整体コース(初回60分)がおすすめです。

 

真剣に病気と向き合いたいし、施術にも興味はあるんだけれど、先生がどんな人なのか?手を当てるだけで本当に身体が変化するのか?など、いろいろと気になってしまって最初の一歩がなかなか踏み出せない・・という方の心理的なハードルを下げるために体験コースをご用意しました。

 

体験モニターコースの条件

 

後ろ姿の写真撮影と(顔が映らないので安心です)、施術後の簡単なご感想(短い文章で大丈夫です)をお願いしています。

※写真と感想の例⇒「施術を体験された方の感想

 

キャンセル料金について

 

〇当日キャンセル・料金の50%

 

〇無断キャンセル・料金の100%

 

上記のように、当日のキャンセルに関しましては、キャンセル料金をいただいております。
(やむを得ない事情がある場合は、当日でもキャンセル料金はかかりませんのでお気軽にご相談ください)

「前日まで」のキャンセルであれば、料金は発生しません。

メールでのキャンセルの場合、「こちらから返信があった時点でキャンセル成立」とさせていただきます。


営業曜日・営業時間

 

〇11時~21時(最終受付20時)

〇休診日 不定休

 

基本的には、「週に1日、平日のどこか」で休みをいただいておりますので、決まった曜日の休診日はありません。(土日、祝日は基本的に営業します)

「当日予約をしようと思って連絡したら、残念ながら休診日だった・・」ということもあるかもしれませんので、できるだけ前もってご予約いただくことをおすすめします。

ご予約方法について

 

想像していた場所と違った・・と後悔しないように
もしもまだお読みいただいていない場合は、最低限、手当て整体とはコンセプト対応が難しいケースをご覧いただき、ご納得いただいた上で予約していただくことをおすすめします。

お電話でのご予約方法


03-6312-3519

メールでのご予約方法

 

下のご予約フォームからご連絡ください。

フォームでご予約いただいた後、自動返信メールが送信されますのでご確認ください。

返信メールが届かない場合、「迷惑フォルダ」に紛れ込んでいなければ、ご入力いただいた「メールアドレスが間違っている」可能性がございますのでアドレスに記入ミスがないかをご確認ください。

クライアントさんのメール設定によっては、菊地屋からの返信メールが届かないこともあるようです。

数日経っても菊地屋からの返信が無い場合はお電話にてご予約ください。



※1日経っても「ご予約確認メール」が届かない場合、入力していただいたアドレスが間違っている可能性がありますので、アドレスをご確認後、再度お申込みいただくか、お電話にてご連絡ください。