半身浴の効果的な入浴方法・自律神経を整えて婦人病、睡眠障害、冷え、ストレス対策

半身浴の効果、具体的な入浴方法

 

女性の骨盤内には、子宮や卵巣、その他にも尿道や膀胱、直腸などがぎっしりと詰め込まれているため、物理的に血液が滞りやすくなっています。

○関連記事

 

そのため、日頃から半身浴や湯たんぽで骨盤内の血流を良くしておくことで、子宮や卵巣の病気になることを未然に防いだり、女性ホルモンのバランスが整うことで、あらゆる婦人病の症状が緩和する可能性があります。

 

また、お風呂に入ると自律神経のバランスが整うため、睡眠障害やストレスの緩和、低下した内臓機能を高めることにも役立つはずです。

 

お風呂の水位はみぞおち位(お腹の上方中央にある窪んだ部位)

 

全身浴をすると、身体全体に数百キロの水圧がかかると言われており、場合によっては、その水圧によって心臓や肺に負担がかかってしまう可能性があります。

 

また、全身浴をしている時に急に立ち上がると、水圧から解放された血液は、急激に下降するため、脳貧血状態になりやすく、立ちくらみを起こす可能性もあります。

 

高齢者の方が入浴中に亡くなってしまうような例もありますし、できるだけ身体に負担をかけずに症状を緩和するためにも、半身浴をおすすめします。

 

ポイント

真冬など寒い時期は、肩までしっかり温まりたいと思う方も少なくないはずです。
そんな方は、数分間、肩まで入り、温まった後、半身浴に戻っていただいても結構です。

入浴温度は、熱過ぎない快適な温度で

 

一般的に、ぬるめのお風呂で入浴した方が、自律神経の「副交感神経※」が優位になると言われています。

 

しかし、身体が冷えきっている方や、真冬などの場合、ぬるめの温度での入浴では、苦痛を感じる方が少なくありません。

 

無理にぬるい温度で入浴して、ストレスになってしまうようであれば、継続すること自体が難しくなってしまいます。

 

私自身、ある程度高めの温度設定で、数ヶ月間入浴してみる実験をしてみた結果、個人的には、ほとんど効果の違いを感じませんでした。

 

熱すぎて、のぼせてしまったり、短い時間しか入れない熱さというのは問題ですが、身体に負担なく、快適に感じる温度であれば、大きな問題はないと考えています。

 

無理せず快適に入浴し、リラックスしてください。

副交感神経とは?
 
睡眠中やリラックスしている時に活発に働くもので、この神経が活性化すると、全身の筋肉がゆるみ、血管が広がり、内臓が活発になります。
 
その結果、栄養や酸素が全身に行きわたり、老廃物や疲労物質などのいわゆる毒素が排出されやすくなります。

入浴時間と回数について

 

当整体院では、「週に2回~4回、20分~30分」を目安にすることをおすすめしています。

 

毎日、長い時間入浴できれば、それに越したことはありませんが、お仕事をしていたり、ご家族がいらっしゃると、現実的になかなか難しい場合が多いものです。

 

それに、あまりストイックにやり過ぎても、効果よりもストレスや罪悪感(半身浴ができなかった時に)が上回るようでは本末転倒ですから、あまり無理をせずできる範囲内で取り組むことをおすすめしています。

 

ちなみに、永遠にこの回数と時間を守らなくてはいけないわけではありません。

 

症状が落ち着き、体質が改善してくれば、多少サボっても問題ありませんから、最低でも最初の「3カ月」。

 

できれば「6カ月」程度は、週に2回~4回、20分~30分を目指して頑張ってもらえればと思います。

 

ポイント  
・お風呂のフタをすると、お湯が冷めづらくなる
 
・フタの上にバスタオルを敷くと、机代わりになり、本を読んだり、スマートフォンなども楽しめるので、半身浴が苦にならなくなる

 

半身浴をしても、なかなか汗が出てこないという方へ

 

半身浴の時あまり汗をかかないと、効果が出ていないのではないか?と思う方が多いようです。

 

たしかに、汗が出ていた方が効果的な気がしますが、半身浴を始めた初期のころ、つまり、まだ身体が冷えている(全身の血行不良が改善していない)状態では、なかなか汗をかきづらいものです。

 

しかし、週に2回~4回、20分~30分の半身浴を3カ月も継続していけば、大抵の方は少しずつ汗をかけるようになり、体質が変わってきたことを実感するはずです。
(逆に言えば、長年放置していた冷え=全身の血行不良を緩和するためには、最低でも3カ月程度の時間はかかるということです。)

 

あまり汗をかかなくても、水面下では身体は間違くなく変わっていきますので、心配せずに地道に継続してください。

足湯について

 

子育てや仕事で忙しく、なかなか半身浴の時間を取ることができない」

「家にお風呂が無い」

「身体に傷があり、半身浴ができない」

「重い症状があり、半身浴をする体力が無い」

など、さまざまな原因でどうしても半身浴ができないという方には、「足湯」がおすすめです。

〇関連記事
危険な快楽でストレスを発散するくらいなら、日本人には「極楽」を体感できる最高の快楽があるじゃないか! 頭寒足熱・冷えとり健康法は日本人の価値観と相性がいい 半身浴の効果的な入浴方法・自律神経を整えて婦人病、睡眠障害、冷え、ストレス対策 古来から伝わる健康の秘訣、頭寒足熱・冷えとり療法を全ての現代人におすすめしたい具体的な理由 夏冷え対策・夏でもお風呂で気持ちよく身体の冷えをとるコツ ネガティブな感情エネルギーをお風呂の中で簡単に浄化できる3つのステップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です