夏冷え対策・夏でもお風呂で気持ちよく身体の冷えをとるコツ

夏場の暑い時期に冷えのことなんて気にする必要はない・・と感じている方がも少なくないと思うのですが、実は夏でも身体は結構冷えるんです。

むしろ、身体の冷えを意識しやすい寒い時期よりも、夏の方が冷えによるダメージが大きいこともあるくらいです。

夏に身体を冷やす原因として、代表的なものはやはりエアコンの問題でしょう。

暑い屋外から、寒いくらいに冷房が効いた室内を行ったり来たりすることで、自律神経(体温調節)が乱れやすくなることはよく知られています。

また、視点を変えて考えてみると、エアコンの冷たい風は、物理的な法則から部屋の下の方に集まるので、下半身は冷え、上半身はのぼせるという、「頭熱足寒(心身を健康に保つために理想的な頭寒足熱の逆の状態)」を作る原因となり得ます。

○関連記事
頭熱(のぼせ)状態が慢性化すると、なぜ危険なのか?

その他にも、暑さのせいで冷たい飲食物の摂取量が増えることが予想されますし、そのことで内臓が冷える(機能が低下してしまう)可能性も高くなりますから、通常どおり身体の冷えを取るケアは継続した方が無難なんです。

とはいえ、夏の暑い時期に身体を温めるケアを行うことは、人によってはストレスをともなうこともあるかと思います。

そんな方々のために、暑い夏でも快適に冷えとりを実践するコツをお伝えしたいと思います。

快適に半身浴をするコツ

半身浴が苦痛な場合1

 

半身浴の回数を減らし、その分は「足湯」に切り替える。
エアコンや扇風機のある部屋で行うと、ストレスも少ないはずです。

半身浴が苦痛な場合2

 

半身浴の回数を減らし、その分は「湯たんぽ」に切り替える。
胃腸の調子が悪い時や生理痛が辛い時など、エアコンや扇風機をつけながら、腹部を湯たんぽで温める。

半身浴が苦痛な場合3

 

半身浴中に、浴槽から洗い場の方に上半身を出し、後頭部や首に水をかけて冷やしましょう。

※冷やす回数、時間に決まりはありませんが、あまりやり過ぎると、頭痛が出たりするので、気持ち良い程度に抑えておきましょう。

頭寒足熱の状態になり、のぼせが取れて、一気にシャキッとします。
頭痛や首肩こりにも効果的です。

アイスノンや袋に氷を入れたもので頭や首を冷やしながら半身浴を行うという方法もおすすめです。