夏に膀胱炎になりやすい理由とおすすめのセルフケア

膀胱炎は多くの女性が悩んでいる疾患です。

 

女性の尿道が男性に比べて短いこと、尿道と膣や肛門との距離が近いことなど、細菌が膀胱に侵入しやすい体の構造になっていることなどが、女性が膀胱炎になりやすい理由として挙げられます。

 

また、性行為によって尿道が傷くことで、細菌が膀胱に侵入してしまうこともあります。

 

基本的に、膀胱炎を引き起こす細菌は、特に病原性が高いタイプの危険なものではなく、仮に尿道から侵入しても、健康な状態であれば排尿によって洗い流されたり、感染を防ぐ膀胱の働きで、ほとんど発症することはありません。

 

しかし、水分を十分に補給しなかったり、トイレを我慢し続けたりして、排尿の量や回数が減ってしまうと、その間に細菌が尿道から膀胱に入り、増殖し、膀胱炎になる可能性が高くなります。

 

では、そろそろ本題へ。

では、なぜ、夏は膀胱炎になりやすいのか?

理由1

 

夏の厳しい暑さで汗をかきやすくなるので、体内の水分が失われやすくなる。
そのせいで、排尿の量が少なくなり、膀胱炎になりやすくなる。

 

理由2

 

長い間、エアコンが効いた室内にいると、自律神経の乱れから免疫力が低下してしまうことがある。
すると、膀胱内で細菌が増殖しやすくなってしまう。

 

このような理由から、夏は膀胱炎になりやすい時期といえますので、十分ご注意ください。

ケアの方法としては、身体の冷えと取り、免疫力を高める頭寒足熱・冷え取り健康法がおすすめです。

改善のスピードが飛躍的に上がりますし、抗生剤を飲みたくないという方は、是非取り組んでみてください。

〇関連記事
急性膀胱炎について
慢性膀胱炎について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です