患者さん向けのコンテンツ

子宮腺筋症で子宮を全摘出!?コウノドリ2第7話を観て思ったこと。

医療ドラマ、コウノドリの第7話子宮腺筋症と卵巣チョコレートのう腫(嚢胞)という病気が登場しました。

どちらも菊地屋で対応している主な病気ですし、苦しんでいるクライアントさんも沢山見てきているせいか、今回はいつも以上に感情移入してしまいました。

特に感慨深かったのは、ドラマの中で子宮腺筋症という病気が登場したことです。

子宮腺筋症は、子宮の病気の中でもかなりマイナーな病気です。
しかし、その知名度に反して症状の辛さは婦人病の中でもトップクラスと言われています。
子宮腺筋症の状態が進行してしまった方の生理痛は、一説によると「陣痛に匹敵するレベル」になることもあると言われているほどですからね・・

私はこれまで、生理痛が本当に辛くても、あまり知られていない病気のせいか周囲から理解を得られず、孤独を感じながら症状と向き合ってきたクライアントさんを沢山見てきましたので、ドラマを通して少しでもこの病気のことを知る人が増えてくれればありがたいなと思いました。

子宮腺筋症の辛いところはまだあります。

薬物施術の効果が見込めず(ほとんど効果がないようですが)、症状が進行してしまった場合の標準的な処置は、なんと「子宮摘出手術」になってしまうことが多いのです。

今回の第7話では、子宮を摘出する手術を行うかどうか思い悩む助産師の小松さん(吉田羊)の姿が描かれていましたが、女性にとって子宮を失うということはアイデンティティに関わることですし、我々男には想像もできないほど辛いことなのだと思います。

しかも小松さんは独身です。

つまり、子宮を失う=自分の子どもを産み母親になるという選択肢を失うということですからね。

そんな決断を迫られて苦しくないはずがありません。

結果的に、ドラマの中の小松さんは手術を受け、子宮を失うことになってしまったわけですが、今回のストーリーは個人的にはなかなかヘビーでしたね。(さりげなくネタバレして申し訳ありません)

吉田羊さんの演技が素晴らしかったこともあり、女性にとって子宮を失うということがどういうことなのか、ほんの少しは理解できた気がして胸が苦しくなりました。

そしてそれと同時に、現実の世界で今現在、子宮腺筋症でお悩みの方々にはできるだけ子宮を失ってほしくないものだと思いました。

子宮腺筋症でお悩みの方へ

幸いなことに東洋医学は子宮や卵巣の病気に効果的です。

子宮腺筋症は症状が軽度のうちに対処すれば、子宮を失わずに済む可能性は飛躍的に高まりますし、仮に全摘手術をすすめられたとしても、菊地屋の施術によって子宮を失わずに済んでいるクライアントさんも少なくありません。
子宮腺筋症のクライアントさんからいただいた喜びの声

子宮を失う前にできることはやってみたいというお気持ちがある方は、是非ご連絡いただければと思います。

関連記事

  1. 患者さん向けのコンテンツ

    箱根神社でお参り

    2014年11月11日の記事10月末に3か月ぶりの連休で箱根温…

  2. 患者さん向けのコンテンツ

    花火というより「爆発」&大杉神社でお参り

    先日、茨城県の親戚宅で花火を見てきました。なんと、この親戚…

  3. 患者さん向けのコンテンツ

    私が考える、施術家にとって最も大切な仕事とは

    私は、施術家にとって、一番大切な仕事は、「クライアントさんの固定観念を…

  4. 患者さん向けのコンテンツ

    「なぜザクロは縁起物なのか?」鬼子母神で授産・安産祈願

    先日、雑司ヶ谷の鬼子母神(きしもじん)に行ってきました。…

  5. 患者さん向けのコンテンツ

    施術家という仕事をしていて、素直にうれしいと思う時。

    2015年は、おめでたいことに、なかなか赤ちゃんができなかったクライア…

  6. 患者さん向けのコンテンツ

    クライアントさんの身体をこう観ます

    施術家が、施術の効果を上げるために、日々鍛えていかなくては…

ブログ

  1. 【沖縄旅行】きれいな海、心地よい波の音、美ら海水族館の映像&…
  2. 私が考える、施術家にとって最も大切な仕事とは
  3. 母乳しか飲んでいないのに、赤ちゃんの成長があんなに早いのはな…
  4. 施術家という仕事をしていて、素直にうれしいと思う時。
  5. セルフケアの指導は、あえて、ゆるめにしています
  1. 患者さん向けのコンテンツ

    私が考える、施術家にとって最も大切な仕事とは
  2. 患者さん向けのコンテンツ

    子授け子育ての祈願が盛んな子之神社でお参り
  3. 患者さん向けのコンテンツ

    セルフケアの指導は、あえて、ゆるめにしています
  4. 患者さん向けのコンテンツ

    依存するクライアントと支配欲が強い施術家は、共依存関係であることが多い
  5. 患者さん向けのコンテンツ

    【沖縄旅行】きれいな海、心地よい波の音、美ら海水族館の映像&護国神社で厄落とし
PAGE TOP