言語化が難しい感覚、モヤモヤした気持ちがあればお気軽に相談してください。

「なんとなく、自分が自分でないような感じ」

「頭がフワフワしていて、現実感が希薄な感じ」

この感覚は、あるクライアントさんが、「ちょっと伝わるか分からないんですが・・」と、恐る恐る私に相談してきた内容です。

人の感覚は、当然ながらその人自身にしか分からないものですし、変に思われるのではないか・・という危惧もあってか、言いづらかったのかもしれません。

この相談を受けた時、私は「あぁ、よく分かります」と返しました。

すると、そのクライアントさんは、「えっ、分かるんですか!?」という驚いた表情をし、その後、「私だけじゃなくて、安心しました」と言っていました。

こういった、「なんとなく感じている違和感や不快感」は、言語化するのが難しいことに加え、前述した通り、変に思われるかも・・という危惧があるため、なかなか人に打ち明けることができない問題かもしれません。

そもそも、「空気を読む」ことを強制する傾向がある、日本の社会の中に生きていると、主観的な感覚は、「人に言うべきではない」と思い込んでいる人が多い気がします。

たしかに、主観をそのまま相手に伝える行為は、子供がよくやることですし、いい大人がむやみに話してしまうのは、リスクをともなうはずです。

しかし、それはあくまでも「世間的には・・」ということで、菊地屋の施術中の空間は「別」です。

一般的な整体院では、どうか分かりませんが、私は、施術中の空間は、「非現実的なものであるべき」だと考えています。

例えば、ディズニーランドの中で、大人も子供のように、現実をいったん忘れて振る舞うように、施術中は、「普通なら言えない」「非常識だと思われるかも・・」といった常識は、出来る限り忘れて欲しいのです。

そうすることで初めて本音が現れ、さらに質の高い施術が出来るのではないかと、私は考えています。

漠然とした感覚、うまく言語化できるか分からないモヤモヤした気持ちなど、何か気になることがあるのであれば、まったく恥ずかしがる必要はありませんので、どしどしご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です