暑いのに身体を温める!?菊地屋流の夏バテ防止対策

ほんと暑い日が続きますね・・

 

今年は暑さに加えて、マスクをつけなくてはならないことのストレスや呼吸の浅さも負担になってくるでしょうから、例年よりも夏バテには気をつけたほうがよいかと思います。

 

夏バテとは?

 

結論からいうと、夏バテとは、「自律神経が乱れてしまった状態」のことを指します。

 

自律神経は、環境に応じて体温をコントロールする働きをしていますが、真夏の屋外の気温とエアコンがついている屋内の気温に忙しく適応することで、自律神経の切り替えが上手くいかなくなり、バランスが崩れやすくなります。

 

また、自律神経はストレスでも簡単に乱れてしまいます。

 

今年の夏は、コロナウィルスの問題で外出しづらくストレスを発散する機会が激減してますから、エアコンの問題だけでなく、ストレスの影響から自律神経のバランスが崩れ、夏バテにつながってしまうケースも増える可能性があります・・

 

夏バテの主な症状

 

前述したとおり、夏バテ=自律神経の乱れなので、自律神経失調症と同じような症状が出やすくなります。例えば・・

 

疲れが取れない

だるい

胃腸障害

食欲減退

睡眠障害

汗を沢山かきすぎる

イライラする

など。

 

菊地屋流の夏バテ防止対策

 

夏バテ対策には自律神経を効率よく整える「身体を温める方法」が有効です。

 

「こんなに暑いのに!?」と思うかもしれませんが、意外と気持ちいいのです。

 

以下のページを参考に是非試してみてください。

夏冷え対策・夏でもお風呂で気持ちよく身体の冷えをとるコツ 湯たんぽは「冬だけのもの」という先入観を見直す・意外と夏でも使えます!