私が考える、施術家にとって最も大切な仕事とは

私は、施術家にとって、一番大切な仕事は、「クライアントさんの固定観念を壊すこと」だと思っています。

固定観念とは、ざっくり言えば、凝り固まった思い込みや価値観のことです。

あらゆる病気の原因は、その人のライフスタイルの中に潜んでいます。

そして、そのライフスタイルを作り上げるのは、「○○すべきだ」「○○しなくてはならない」といった、その人の固定観念です。

例えば、自分は異性を見る目がない・・
と嘆く人が、何度も繰り返し、問題あるパートナーと付き合ってしまうのも、凝り固まった固定観念のせいです。

その固定観念を壊さなければ、その人のライフスタイルが大きく変わることはありません。

病気も同じです。

患部を手術で切除したところで、その病気になった原因を変えない限りは、またなんらかの病気になってしまう可能性があります。

つまり、根本的に病気を改善できるように導いていくためには、クライアントさんの固定観念をどうにかして壊し、変えていく必要があるわけです。

固定観念を壊し、新しい価値観を定着させるためには、基本的には「慣れるまで繰り返してもらう」しかありません。

慣れ親しんだ価値観を変えることは、なかなか難しいものです。

しかし、あらゆる物事が、練習によって上達するように、繰り返し新しい価値観に触れることで、価値観が多様化し、世界が広がっていくことは十分あり得ます。

こういったブログを書き続けているのも、クライアントさんの固定観念を再構築する助けになれればという気持ちからです。

通常、施術の間隔は、どんどん開いていきますので、数週間前の施術時に納得していたはずの話を忘れてしまっている・・といったことは珍しくありません。

しかし、ブログやメールマガジンであれば、施術と施術の間に、何度か記事を発信することができ、その度にクライアントさんの価値観に働きかけることができます。

繰り返し語りかけ、それを継続していくのは、とても地味で根気のいる作業ではありますが、おそらく、本当に誰かの生き方に影響を与えたいと思うのであれば、結局はこういったシンプルな積み重ねが大事なんだろうなと思います。

ということで、今後もクライアントさんの固定観念を壊し、新たな考えや価値観を構築するキッカケになるような記事を書いていきたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です