天気が悪いと古傷が痛む3つの理由。自然はコントロールできないという当たり前の事実を認めればストレスが減る!?

天気が悪くなると、なぜか古傷(神経痛)が痛む・・

 

そんな経験がある方は少なくないのではないでしょうか。

 

なぜそんなことが起こるのか?

 

何もわからない状態での痛みよりは、ある程度理屈がわかった上での痛みのほうが、「理由がわからないストレス」が減るぶんマシでしょうから、さまざまな説がありますが、その中の3つの考え方をご紹介したいと思います。

 

①気圧の影響で古傷(神経痛)が痛むケース

 

基本的に天気が悪い時は、気圧が低下するものですが、そのことにより、人間の体内では「ヒスタミン」という物質の分泌が増えることがわかっています。

 

ヒスタミンには血圧を急に下げたり、血管を拡張させたり、炎症を起こすといった作用があるほか、自律神経の「交感神経」を刺激する働きがあります。

 

さらに交感神経は、関節や筋肉の周辺で血管を収縮させ、神経を過敏にする働きがあることから、痛みを強く感じるといったことが起こると考えられます。

 

②湿度の影響で古傷(神経痛)が痛むケース

 

気圧が下がり雨が降ると、当然、湿度は上がります。

 

湿気が多いと、汗をスムーズかくことができなくなり、体内の水分代謝を滞らせる原因となります。

 

すると、体がむくみやすくなり、血液循環も悪くなることから、疲労物質(毒素)が蓄積されやすくなってしまいます。

 

そのため、痛みはもちろん、さまざまな症状が悪化したり、だるさや疲労感に悩まされるといったことが起こると考えられます。

 

③気温の影響で古傷(神経痛)が痛むケース

 

天気が悪くなると、一般的に気温が下がる傾向があります。

 

気温が下がると血管は収縮し、筋肉も固くなるので、神経痛が起こる原因となる可能性があります。

〇関連記事
気象病(お天気病)について

 

外的な自然環境から想像以上に影響を受けていることを知れば、余計な不安や心配が少なくなる

 

人間は天候や気圧、気温、湿度などの外的環境に想像以上に大きな影響を受けています。

 

都会に住んでいて、インターネットでポチっとクリックすれば、大抵のものがすぐに家に届いてしまうような便利過ぎる世の中で生きていると、なんとなく「人間って最強じゃね!?」という全能感(なんでもできてしまうような錯覚)を持ってしまいがちですが・・

 

それは完全に錯覚で、私たちは他の動物と同じように。
いや、むしろ脳が発達しているぶん、ある意味では他の動物よりも敏感に、外的な自然環境から強く影響を受けています。

 

これは、事実として素直に認めておいた方が無難です。

 

なぜなら、体調が悪かったり、精神的に落ち込んだ時などに、その原因が外的環境のせいである可能性が高いことをあらかじめ知識として知っていれば、「症状が悪化したかも・・」とか「何かの病気かも・・」といった余計な不安や心配が少なくなるからです。

 

「人間は自然をコントロールすることはできない」

 

そんな当たり前のことを、あらためて理解するだけで、余計な不安や恐怖心を抱くリスクが減り、ストレスも少なくなるのですから、知っておいて損はないはずです。

 

つまり、天気が悪かったり、急に冷え込んだり、季節の変わり目などに体調が悪くなったり、気分が落ち込んだとしても、「天候のせいかな?」くらいに思っておけば、それ以上余計なストレスを抱えこまずに済むということですね。

 

他人も自然もコントロールできないことを知ればストレスが減る

 

繰り返しになりますが、人間の心と身体は、天候や気圧、気温、湿度などの外的環境に大きな影響を受けています。

 

そしてそれは、生きている限りは基本的に避けられないことなんです。

 

完璧主義的で、なんでも白黒つけなくては気がすまないタイプの方は、ストレスが多く病気になりやすい傾向があります。

 

それは当然で、自然環境はもちろん、この世界のほとんどのものはコントロール不能だからです。

 

原理的にコントロールできないものを無理やり白と黒に分けようとしたり(厳密に分けられるわけはないので、本人の認識の中で白黒つけたつもりになっているだけですが)コントロールしようとするのですから、それはもう、精神的にも身体的にも消耗するに決まっています。

 

また、天候や気圧、気温、湿度をコントロールできないのと同じように、他人の心もコントロールできません。

 

それは、人間も自然の一部だからでしょう。

 

人の心も自然も、思い通りにコントロールすることなんてできないということを理解し、「世の中はそういうものなんだから仕方ない」と、柔軟に考えることができると、ストレスが減って生きることが少し楽になるのではないかと思います。

 

 

ちなみに、これは特に当整体院のクライアントたちに協調しておきたいことですが、私たちが外的な環境から影響を受けているのは事実ですが、例えば、「雨の日は症状が出てしまう・・」とか「季節の変わり目はいつも体調が悪くなる・・」なんて決めつけないようにしてくださいね。

 

施術を受けたり、セルフケア(おすすめの健康法)を行っていくことで体質が安定してくれば、ちょっとやそっとでは外的な環境に左右されないようになりますので。

 

それに、こういう思い込みを持っていると、それが現象化しやすくなってしまう危険があるんです・・
その理由はこちら↓

 

ネガティブなイメージを刷り込むと、実際にそれに近い現実が実現してしまう可能性が高くなります。

なぜなら、その方が整合的であり、論理的にスッキリするからです。

私たち人間は、基本的に整合性に欠けることや、論理的に納得できないことを嫌います。(認知的不協和)

そのため、私の症状は治らないかもしれない・・という疑念が強くなると、「あれ、治っちゃった」よりも、「やっぱり治らなかった」という現実のほうにリアリティを感じるようになり、そちらの現実を脳が現実化させようとするのです。

病気を治そうと焦るほど、治りづらくなる理由からの引用

 

実際、こういった思い込みを持っているクライアントさんに、「天気が悪くても体調がいい日は必ずあるはずですから、今度、雨が降った時は意識してみてください」と伝えると、天気からの影響を受けずらくなることが多いようです。

 

ということで、私たちは天候や気圧、気温、湿度などから想像以上に影響を受けていること、そして自然はコントロールできないことを潔く認めればストレスが減るという話でした。

 

とはいえ、あまりにも外的な自然環境から影響を強く受けてしまって、いつも体調を崩してしまったり、ネガティブな精神状態になってしまうというのは問題です。

 

おそらくそういう方は、自律神経やホルモンバランスが相当乱れている可能性が高いので、それらを改善できるセルフケア(おすすめの健康法)に取り組むことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です