卵巣嚢腫(卵巣嚢胞)の原因や種類、ストレスや冷えとの関係、手術やホルモン療法以外の緩和方法

といったことであれば、当整体院がお役に立てると思います。

これからこのページで、卵巣嚢腫や卵巣嚢胞※を手術や薬(ピルやディナゲスト、漢方など)以外の方法でケアしたいと思っている方に役立つさまざまな情報をご紹介していきますが、既に卵巣嚢腫の種類や医学的な解釈について、ある程度お調べになっている方は、子宮や卵巣はなぜ病気になりやすいのか?菊地屋の仮説というコンテンツからご覧いただくことをおすすめします。

 

おそらく、どのホームページにも書かれていない仮説ですので、子宮筋腫に対するイメージがガラッと変わるのではないかと思います。

※卵巣嚢胞とは、卵巣に袋状の出来物ができること。
卵巣嚢腫とは、卵巣に出来る良性の腫瘍のことです。
卵巣に出来る良性の出来物を総称して卵巣嚢腫と呼ぶことも多いので、菊地屋ではまとめて卵巣嚢腫と呼んでいます。

卵巣嚢腫(卵巣嚢胞)について

 

卵巣嚢腫とは、卵巣内に分泌液がたまり、触るとやわらかい腫瘍ができる症状のことです。

 

腫瘍には良性と悪性がありますが、実際、卵巣にできる腫瘍の9割以上が良性です。(悪性腫瘍は卵巣がんを指します)そして、良性腫瘍の中で一番多いのが、卵巣嚢腫です。

 

卵巣内にたまる液体の種類によって「漿液性(しょうえきせい)のう腫」「粘液性のう腫」「皮様性のう腫」の三つに分かれます。

漿液性(しょうえきせい)のう腫

卵巣嚢腫で最も多いタイプ。漿液という卵巣から分泌される透明でサラサラな液体がたまったもの。

粘液性のう腫

更年期の女性にできることが多い、ねばねばしたゼラチン状の粘液がたまったもの。肥大し、かなり大きくなる可能性がある。

皮様性のう腫

歯や毛髪、骨、皮膚などの組織が含まれたドロドロした物質がたまる。両方の卵巣に生じることもある。

 

ちなみに、卵巣が腫れる症状をまとめて卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)と呼びます。
悪性度の違いで、卵巣がん(明らかな悪性腫瘍)、 境界悪性腫瘍(悪性と良性の中間の性質を持つ腫瘍) 、卵巣嚢腫(良性の腫瘍)の3つに分けられます。

卵巣嚢腫の原因。現代・西洋医学での見解

 

なぜ、こうしたのう腫が形成されるのか、原因はまだよくわかっていないようです。

※少し毛色が違う(正式にはのう腫ではない)チョコレートのう腫(嚢胞)に関しては、子宮内膜症が原因で起こることが分かっています。

 

具体的には、卵巣にできてしまった内膜症が、月経の時に出血を繰り返すことにより、卵巣内に古い血液がたまってしまいます。
その血液がチョコレート色のため、このような呼称となっているようです。

〇関連記事
卵巣機能低下症(若年性更年期障害)について

子宮や卵巣はなぜ病気になりやすいのか?菊地屋の仮説

なぜ、子宮や卵巣は病気になりやすいのか?
その理由について、菊地屋の仮説をお伝えしたいと思います。

 

ただ、婦人科系の病気は女性ホルモンのバランスが崩れることで起こる・・
といった、他のサイトでも確認できることを書いてもあまり意味がないので、「慢性的にエネルギーが不足し疲労が蓄積した状態が、どのようにして子宮や卵巣の病気につながっていくのか」という切り口で、私の仮説を述べていきたいと思います。

 

おそらくこの考え方を知ることで、あなたの子宮や卵巣の病気に対するイメージは大きく変わるはずです。

 

命に別状がない部位から順番にエネルギーがカットされていく(身体が衰えていく)

 

私たちが生きていくためにはエネルギーが必要です。

 

基本的には水分や食べ物、酸素などからエネルギーを取り入れるわけですが、広義の意味では、太陽の光や東洋哲学の中心概念である「気」などもエネルギーであり、そういったさまざまな種類のエネルギーを取り入れ、それを利用することで私たちは生きています。

 

現代人はエネルギーを消耗し過ぎている方がとても多いのですが、その状態が慢性化してしまうと、身体は生命を維持するために、エネルギーの分配方法を状況に応じて最適化しようとします。

 

少しややこしい表現になってしまいましたが、平たく言えば、少ないエネルギーの中でなんとか生きていく必要があるので、命に関わる重要な臓器や機能に回すエネルギーを優先して、それ以外へ回すエネルギーを減らすことで、身体全体のダメージを最小限に抑えようとするわけです。

 

例えば、急に仕事を辞めることになり、お給料が激減してしまったとします。

 

すると、ファッション代や外食代、レジャー代などにお金を使うことは難しくなり、生活の基盤となる家賃や光熱費、食費、通信費など、最低限の支出で済むように節約するのが一般的ですよね。

 

それと同じで、身体もエネルギーが足りなくなれば、命に別状がない部分に回すエネルギーから段階的にカットしていくことで、エネルギーを節約しつつも、全体のダメージが最小限になるようにバランスを取ろうとする傾向があるのです。

 

老化現象についても同じ考え方が適用できます。

 

人間が老化していくプロセスは大抵の場合、生命維持には直接関係ない肌や毛髪、爪や歯、目や耳、筋肉など末端の部位から進んでいきます。

 

このような現象も、より生命維持に重要な部位を守り、身体のパフォーマンスを長く維持できるようにするためだと考えられます。

 

老化する年齢ではなかったとしても、仕事が忙し過ぎたり、強いストレスが続いたり、睡眠不足や暴飲暴食などでエネルギーが消耗すれば、やはり命に別状がない部位から症状が現れてくるのが一般的です。

 

例えばあなたも、肌が荒れたり、顔色が悪くなる。
髪が細くなったり、白髪が増える。
目の疲れを感じたり、視力が低下する。
耳鳴りやめまいを感じる。
筋肉が凝り、身体が固くなる。
疲れが取れない。
精神的な不安定さを感じる。
眠れなかったり、眠りが浅い。
身体が冷えきっている。
生理痛や頭痛がひどい。

 

など。

 

こういった症状が現れていたのではないでしょうか?

 

身体全体を守るために子宮や卵巣が犠牲になっているのかもしれない

 

本当はこういった症状が出ている時点で、身体は「このままでは病気になってしまいますよ!」というメッセージを何度も発信しているのですが、それを長期間放っておくと、状況はさらに悪化してしまいます。

 

私の印象では、自律神経系、内分泌系(ホルモン)、免疫系のバランスが崩れるというプロセスを経た後、臓器の病気や機能低下に発展していくケースが多いと感じているのですが、問題が臓器のレベルにまで至ってしまった場合、比較的、早い段階で犠牲になる可能性が高いのが子宮や卵巣なのではないかと考えています。

 

なぜなら、子宮と卵巣は、仮に手術で全摘出したとしても、ある程度ふつうに生きられる臓器だからです。

 

極端な話、摘出してもなんとか生きていける臓器の機能が落ちたり、そこに良性の筋腫やのう種ができたとしても、命が脅かされるような状況になることはまずありません。

 

それは裏を返すと、子宮や卵巣が犠牲(病気)になることで、他の臓器が病気にならずに済んだり、身体全体のダメージを最小限に抑えられていると考えることもできるのではないでしょうか。

 

これはもちろん仮説ですが、私自身は大真面目に信じている仮説ですし、できればあなたにもこの考え方に賛同してもらいたいと思っています。

 

なぜなら、子宮や卵巣の犠牲のおかげで、これ以上状況が悪化せずに済んでいると考えれば、子宮筋腫や卵巣嚢腫、内膜症などの患部に対する拒絶感や怒りが多少はやわらぐはずですし、何よりも、あなたがあなた自身の身体(患部)と敵対関係にならないで済むからです。

 

今この瞬間も生きるために一生懸命頑張っている身体を、これ以上責めるのはさすがにかわいそうです。

 

まずはあなたが、あなた自身の身体を肯定してあげてみてはいかがでしょうか。

卵巣嚢腫(卵巣嚢胞)と本気で向き合うために必要なこと

 

これまでの話の流れをまとめると。

 

前提として慢性的にエネルギーが不足した状態があり、その状況を長く放置してしまうことで、エネルギーを回せなくなる臓器が出てくる。
その際、命に別状がない子宮や卵巣が犠牲になりやすい。

 

卵巣嚢腫もその結果現れたものだと考えられます。

 

ここで私が強調しておきたいのは、結果的に現れてしまった卵巣嚢腫にフォーカスしても、慢性的にエネルギーが不足してしまうほど、心と身体に負担がかかるようなライフスタイルを見直さない限り、根本的な問題解決にはならないということです。

 

例えば、ライフスタイルを変えることなく、卵巣嚢腫の患部を手術で切除したとしても、これまでと同じような生活を繰り返せば、時間の問題でエネルギーが不足してくるはずです。

 

すると身体はまた、ダメージを最小限に抑えるために子宮や卵巣に問題を押し付けてしまい、その結果「病気の再発」という、婦人科系の病気によく起こる問題が生じてしまっているのではないかと考えています。

 

薬で症状を抑制するのも手術で患部を摘出するのも、有効な場合があることは間違いありませんが、それは「一時的な対処でしかない」ということは頭に入れておいてください。

 

つまり、卵巣嚢腫と根本的に向き合うためには、エネルギー効率が悪くなりがちのライフスタイルを見直し、子宮や卵巣にも十分にエネルギーを回すことができる状況を作ることが重要なのです。

〇関連記事

現代人が無自覚にエネルギーを消耗してしまう習慣について

卵巣嚢腫(卵巣嚢胞)とストレス・冷えの関係

ストレスとの関係

 

私たちの身体は、呼吸、心拍数、血圧、体温など、さまざまな働きを司る「自律神経系」、ホルモンの分泌を司る「内分泌系」、外部から侵入してくる異物から自身の身体を守る「免疫系」などの働きが、バランス良く機能することで健康を維持しています。

 

しかし、急に大きなストレスを受けたり、日々のストレスが重なり過ぎると、この三つのシステムのバランスが壊れてしまいます。
このことが原因となり、あらゆる症状が現れてしまう訳です。

 

ある秩序が崩壊した時に、最初に影響が出てくるのは、基本的には、そのシステムの中で最も脆弱な部分でしょう。
女性の場合、それに当たるのが子宮や卵巣などの骨盤内にある臓器であることが多いのです。

 

その理由は、女性の骨盤の構造にあります。

 

男性と違い、女性の骨盤内には、子宮や卵巣、その他にも尿道や膀胱、直腸などがぎっしりと詰め込まれているため、構造上複雑にできており、血液が滞りやすくなります。

 

また、骨盤が男性よりも広くできているので、身体を支える筋肉が、運動不足で衰えたり、冷えによって過剰緊張してくると、胃や腸などの臓器が下がり、骨盤内にある子宮や卵巣、膀胱を上から圧迫してしまうことがあります。

 

すると、押しつぶされた子宮や卵巣の血流は滞り機能が落ちるため、さまざまな異常が現れることになるのではないかと考えています。

冷えとの関係

 

過剰なストレスを抱えている上に、慢性的な冷え(全身の血液の循環不良)が加わるとなると更に危険です。

 

血液の循環が悪くなると、細胞に栄養や酸素を供給したり、炭酸ガスや老廃物を排出することが難しくなりますから、身体にとっては大きな負担となります。
ましてや、元々、血液が滞りやすい骨盤内にある子宮や卵巣にとっては、致命的な問題となるでしょう。

 

このように、卵巣嚢腫とストレスや冷えは密接に関係していると考えています。

卵巣嚢腫(卵巣嚢胞)を緩和するために、手当て整体でどんな場所にアプローチするのか?

脳の中にある視床下部へのアプローチし、女性ホルモンや自律神経のバランスを整える

 

視床下部は、自律神経系や内分泌系(ホルモン)の中枢であり、他にも体温、血圧、心拍数、摂食行動や飲水行動、睡眠、子宮筋収縮、乳腺分泌、怒りや不安などの情動行動など、生きていく上で欠かすことができない沢山の機能をコントロールしている臓器であり、「生命維持の中枢」と呼ばれる臓器です。

 

生命維持の中枢に問題が起これば、当然、生命力も低下することになります。

 

そして生命力が落ちれば、私たちはさまざまな病気にかかりやすくなります。

 

婦人科系の病気について考えてみても、婦人病は女性ホルモンや自律神経の問題と深く関わっているので、原因を掘り下げれば必ず、両方をコントロールしている視床下部の機能低下の問題にたどり着くのです。

弱った内臓にアプローチすることで機能を回復し、臓器全体のネットワークを正常化する

 

ご存知のように病院では、子宮や卵巣の問題は婦人科、胃が痛くなった時は消化器科など、内臓によって対応する科が分かれています。

 

つまり、西洋医学では身体をバラバラに分けて捉える価値観を土台にしてきているわけですが、実はここ数年の最新の科学によって、身体の中のあらゆる臓器は、「有機的なネットワークを通してお互いに情報を交換することで、健康を保っている」ことが明らかになってきました。(参考動画 NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク

 

東洋医学は何千年も前から、身体は有機的につながったネットワーク的な存在として捉える、ホリスティック(全体的)な価値観を土台に発展してきましたから、私たちからすると今さら感があるのですが、科学的にそれが立証されたことは大きな一歩だと思います。

 

内臓同士の“会話”は、内臓から放出される“メッセージ物質”の送受信によって行われるそうです。

 

ある内臓からメッセージが送信され、それを受信した内臓が必要な物質を分泌したり抑制したりしながら、有機的なネットワークを通して内臓同士が情報交換することで、私たちの身体は健康な状態を保っているわけです。

 

つまり、不健康な人、病気になってしまった人の身体は、これとは反対に、臓器同士のネットワークが乱れ、情報の伝達が滞った状態になっていると考えられます。

 

実際、菊地屋にお越しになるクライアントさんを観察すると、子宮や卵巣はもちろんですが、他の内臓の機能も全体的に低下している傾向があります。

 

おそらく弱った内臓は“メッセージ物質”をうまく放出できなくなったり、送られてきたメッセージ物質を正常に受信できなくなる可能性が高く、結果的に内臓同士の情報伝達の質が落ちてしまっているのでしょう。

 

身体内の情報伝達がうまくいかないということを、仕事で例えるとすれば、送信したはずのメールが同僚に届かなかったり、送られてきたメールが文字化けして読めなかったり、注文した品物の個数をしょっちゅう間違えられるようなものですから、そんな状況が長く続けば、会社(身体)の損害がどんどん大きくなってしまうことは想像できるかと思います。

 

つまり大切なことは、西洋医学のように、問題が現れた臓器だけを治療することではなく、それぞれの内臓に丁寧にアプローチすることで機能を回復し、臓器全体のネットワークを正常化していくことです。

 

遠回りに思えるかもしれませんが、身体全体を1つのネッワークとして捉え、臓器同士のコミュニケーションの質を高めていくことが、結局のところ、子宮や卵巣を最も効率的に活性化させる方法だと考えています。

 

子宮や卵巣の機能が回復すれば、ホルモンのバランスも整い、卵巣嚢腫(卵巣嚢胞)も少しずつ緩和していくでしょう。

有効なセルフケア

 

卵巣嚢腫(卵巣嚢胞)をケアするために菊地屋でおすすめしているのは、頭寒足熱・冷えとり療法です。(手術後のケア、再発防止にも有効)

 

自律神経やホルモンのバランスが整い、免疫力を高められるだけでなく、温めることで内臓機能も高まるため、臓器同士のネットワークも正常化していくはずです。

 

簡単でお金もかからず、自宅で気軽にできるケアなので是非試してみてください。

〇関連記事

古来から伝わる健康の秘訣、頭寒足熱・冷えとり療法を全ての現代人におすすめしたい具体的な理由

卵巣嚢腫(卵巣嚢胞)の「茎捻転」や「破裂」の不安から、手術をするかどうか迷っている方へ

一般的に、卵巣嚢腫が5~7センチになると、卵巣の根元が回転してしまう「茎捻転」や「破裂」の怖れから手術を勧められるケースが多いようです。

 

捻転と破裂の可能性を怖れ、手術するかどうかを迷っている状態で菊地屋にお越しになるクライアントさんも多いのですが、そういった方に毎回お伝えしていることがあります。
それは、私個人が約13年の間(2018年の時点で)に接してきた数千人のクライアントさんの中には、捻転や破裂を起こした方は(今のところ)1人もいないということです。

 

正確には、菊地屋にお越しになる前に捻転を起こしたことがある方がお1人、破裂したことがあるという方もお1人いらっしゃいましたが、幸いにして私が施術をしてからそういった症状が起こった方はいません。
もちろん、毎日、沢山のクライアントと接している医師と比較すれば、私が接してきた方の数などたかが知れていますし、これまで起こっていないからといって、今後も起こらないなどと極端なことを言うつもりはありません。

 

しかし、少なくとも私個人の経験から感じることは、捻転や破裂の可能性は、医師の言葉から伝わってくるニュアンスとは裏腹に、実はそこまで高くないのではないかということです。

 

私も、実際のところどれくらいの確率なのだろう・・と気になっていましたので、医療関係者の知り合いがいるというクライアントさんに、捻転や破裂が起こる可能性について質問してみてくれないかとお願いしたことがあります。

 

結果は「事故に遭うようなもの」と言われたそうです。
(捻転や破裂の可能性について気になる方は、担当の医師に直接「具体的にはどれくらいの確率で起こるものなのか?」と確認してみてもいいと思います)

 

なかなか受け取り方が難しい言葉ですが、おそらくその医師も、誰にいつ起こるか全く予想できないという意味で言った言葉なのだと思います。
とはいえ、言葉のニュアンスからして、めったに起こることではないということは伝わってきますし、もし起こったとしても、それはまさに事故のようなものだと思って受け入れるしかないような問題なのでしょう。

 

ということで、卵巣嚢腫の捻転や破裂の可能性について、私の個人的な経験と見解をお伝えさせていただきました。
要するに、捻転や破裂が起こる可能性は高くはないけれど、誰にでも起こる可能性はあるわけで、この点については人によって意見が分かれるところでしょうね。

 

どんなに小さい可能性でも怖いものは怖いと感じる方には、不安を取り除くためにも手術したほうがいいかもしれません。
(ただ、手術したとしても再発が多い病気なので、どちらにせよ再発の不安を感じてしまうと思いますが・・)

 

めったに起こらないことなら、急いで手術をしなくてもいいかもしれないと感じる方には、症状をうまくコントロールしつつ、卵巣嚢腫と共存していくという、菊地屋で提案している生き方が向いているかもしれません。

※これはあくまでも私の個人的な経験から得た見解であり、客観的なデータに基づくものではありません。

卵巣嚢腫(卵巣嚢胞)のクライアントさんからいただいた喜びの声

 

※何度も施術を受けていただいている馴染みのクライアントさんからいただいた感想です。
この感想を読んでいただくと、施術の効果や特徴、院長の人柄などがイメージしやすくなると思います。

↓タイトルをクリック↓

卵巣のう種が消滅していました

卵巣嚢腫の改善報告

考え方の選択肢が増えたように思います。

卵巣嚢腫(卵巣嚢胞)のクライアントさんからいただいた、初めて施術を受けた時の感想

 

※初めて手当て整体を受けた時にどう感じたのか?
率直な感想を書いていただいています。

感想の書き起こしはこちら→「半信半疑でしたが、正直こんなに効果がでると思いませんでした。
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「先生も、部屋の雰囲気も落ち着いた感じがして居心地が良かったです。
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「とにかく心地よかったです。
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「施術前と後の違いがとてもハッキリと出ていてびっくりしました。
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「西洋医学ばかりにたよっていた私は目からうろこでした。
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「正直、内容的には何もしてないじゃん、手でさわっただけ?でもすごく楽なんです。体がフワフワ軽くなり・・
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「“気”って身体の中に入っていくんだと実感を得られたのは嬉しかったです。
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「手術の必要ありと言われ、不安で不安でしょうがない時にこちらのホームページを見つけて初来院しました。
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「整体ジプシーと呼ばれていました。
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「ただ手を当てているだけでしたが、その後鼻がスーッと通り、たくさんの空気が体に入ってくる感じがし、ビックリしました
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「ライフスタイルや考え方等修正していく、とてもよい機会をいただけた・・
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「卵巣嚢腫の手術を悩んでいたところ菊地屋さんを知り、不安でいっぱいでしたが・・
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「卵巣嚢腫が大きくならないよう定期的に通いたいと思います。
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「痛みが消えて行って、頭がボーとして眠くてたまりませんでした。
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「婦人科で卵巣嚢腫かもしれないと言われ、大きい病院に行く前にこちらの ホームページを見て施術を受けにきました。
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「手術を回避したくて、他の施術を検索してみたところ、菊地屋さんを知りました。
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「心の中に溜ったものがあふれ出して自然と涙があふれ、止まりませんでした。
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「病院で手術をすすめられていましたが、本当に必要な手術なのかな?と思い・・
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「卵巣嚢腫の術後の再発防止といつも体調がスッキリせず何とかしたいと思いこちらへ来ました。
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「穏やかな雰囲気で丁寧にわかりやすく説明してくださり・・
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「首、腰など痛かったポイントを手当て気功して頂くことで、うそのように痛くなくなり驚きでした。
※施術の効果には個人差があります。


感想の書き起こしはこちら→「手をあてるだけの施術ですが、手足がとても温かくなり、体のゆがみもほとんどなくなりました。
※施術の効果には個人差があります。