更年期障害の原因、ストレスや冷えとの関係、薬を使わずに症状をケアする方法

更年期障害について

このページでは、菊地屋が考える更年期障害の意外な原因、病院では教えてくれない効果的なセルフケアなどについてご紹介しております。

「更年期」とは、閉経を挟んだ前後、約10年を指しており、具体的には45歳~55歳(早い方は30代から始まることもあります)の期間とされています。

更年期障害の症状は個人差があり、日常生活に支障をきたす方もいれば、さほど辛さも感じずにその時期をやり過ごす方もいます。
身体的に具体的な異常があるわけではなく、自覚症状が中心であり、その症状も常に一定ではなく、次々と違った症状が入れ代わり立ち代わり起こる傾向があります。

一般的な更年期障害の症状
頭痛、ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、動悸、微熱、血圧異常、耳鳴り、冷え、不眠、めまい、月経異常、疲労感、息切れ、肩こり、首こり、むくみ、イライラ、不安感、憂鬱、下痢、便秘、腰痛、しびれ・・など。

現代・西洋医学での見解

最も大きな原因と言われているのが、女性ホルモンの一つであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量の減少です。

卵巣の機能が良好な若い頃は、脳内の視床下部という部分から発せられる「エストロゲンを出せ」という命令(この命令は、卵巣刺激ホルモンという他のホルモンによって行われています)に反応し、実際にエストロゲンを分泌する事ができますが、加齢により卵巣機能が低下してくると、卵巣はこの命令に対応できなくなります。
つまりエストロゲンを分泌できなくなってくるのです。

すると、視床下部は、「なぜ命令しているのに増えないのだろう?」と、命令(卵巣刺激ホルモン)を出し続けます。
その結果、卵巣刺激ホルモンは増加する一方で、エストロゲンは増加しないというホルモンのアンバランスが起こります。
このホルモンバランスの乱れが、更年期障害の主な原因と考えられています。

菊地屋での見解

菊地屋では、更年期障害の主な原因には、「ストレス」や「冷え」が関係していると考えています。

まずは、ストレスとPMSについて解説していきたいと思います。

私たちの身体は、呼吸、心拍数、血圧、体温など、さまざまな働きを司る「自律神経系」、ホルモンの分泌を司る「内分泌系」、外部から侵入してくる異物から自身の身体を守る「免疫系」などの働きが、バランス良く機能することで健康を維持しています。

しかし、急に大きなストレスを受けたり、日々のストレスが重なり過ぎると、この三つのシステムのバランスが壊れてしまいます。
このことが原因となり、あらゆる症状が現れてしまう訳です。

ある秩序が崩壊した時に、最初に影響が出てくるのは、基本的には、そのシステムの中で最も脆弱な部分でしょう。
女性の場合、それに当たるのが子宮や卵巣などの骨盤内にある臓器であることが多いのです。

その理由は、女性の骨盤の構造にあります。

男性と違い、女性の骨盤内には、子宮や卵巣、その他にも尿道や膀胱、直腸などがぎっしりと詰め込まれているため、構造上複雑にできており、血液が滞りやすくなります。

また、骨盤が男性よりも広くできているので、身体を支える筋肉が、運動不足で衰えたり、冷えによって過剰緊張してくると、胃や腸などの臓器が下がり、骨盤内にある子宮や卵巣、膀胱を上から圧迫してしまうことがあります。

すると、押しつぶされた臓器の血流は悪くなり、さまざまな異常が現れることになるのです。

次に、冷えと更年期障害の関係について解説しますが、その前にまずは、冷えについて簡単に触れておきます。

菊地屋では、冷えとは、全身の血液の循環不良という意味で捉えています。
(冷えについての詳細は、冷えは万病の元と言われる理由をご覧ください)

血液の循環が悪くなると、細胞に栄養や酸素を供給したり、炭酸ガスや老廃物を排出することが難しくなりますから、身体にとっては大きな負担となります。
ましてや、元々、血液が滞りやすい骨盤内にある子宮や卵巣にとっては、致命的な問題となるでしょう。

婦人科の血行が悪くなると、細胞に栄養や酸素を供給したり、炭酸ガスや老廃物を排出することが難しくなりますから、卵巣の機能は当然低下してしまいます。

そして、機能が落ちた卵巣はホルモンを正常に分泌できなくなり、更年期障害のような症状が起こるのではないかと考えています。

〇関連記事
子宮や卵巣はなぜ病気になりやすいのか?
上記の説明とはまた違った切り口で、子宮や卵巣の病気についての仮説をお伝えしています。

有効なセルフケア

更年期障害をケアするために菊地屋でおすすめしているのは、頭寒足熱・冷えとり療法です。(手術後のケア、再発防止にも有効)

〇関連記事
古来から伝わる健康の秘訣、頭寒足熱・冷えとり療法を全ての現代人におすすめしたい具体的な理由

image334421

ブログ

  1. 「読書のススメ」クライアントさんには、遠慮なくどんどん本を借…
  2. 子授け子育ての祈願が盛んな子之神社でお参り
  3. 私が考える、施術家にとって最も大切な仕事とは
  4. 母乳しか飲んでいないのに、赤ちゃんの成長があんなに早いのはな…
  5. セルフケアの指導は、あえて、ゆるめにしています
  1. 患者さん向けのコンテンツ

    私が考える、施術家にとって最も大切な仕事とは
  2. 患者さん向けのコンテンツ

    クライアントさんへ。本の貸し出しについてのルール
  3. 患者さん向けのコンテンツ

    施術家という仕事をしていて、素直にうれしいと思う時。
  4. 患者さん向けのコンテンツ

    セルフケアの指導は、あえて、ゆるめにしています
  5. 患者さん向けのコンテンツ

    好転反応(毒出し)はなぜ起こるのか?
PAGE TOP