発声時頸部ジストニアについて

 

 

現代・西洋医学での見解

 

筋肉の運動をつかさどる、脳のプログラム異常で起きる病気、もう少し細かくいうと、急に起こる筋肉の不随意運動(自分の意思とは関係なく現れる異常運動のこと)であるジストニアの一種であるとされています。

人気有名歌手コブクロの小渕さんが、活動を休止することになった原因としても知られている病気ですが、具体的には、声を発する際に首周辺の筋肉が不随意に収縮し、うまく声が出せなくなるといった症状が現れます。

今のところ原因は不明とされています。

私自身の体験

 

私自身、過去に非常に酷似した症状を体験したことがあります。
「酷似した」という表現をしているのは、実際には、発声時頸部ジストニアという診断を受けてはいないからです。

耳鼻咽喉科に行き、検査はしたのですが、原因不明と診断されました。
(詳しくは闘病記(私が苦しんだ原因不明の病気)をご覧ください)
症状名が不明だとしても、非常に酷似した症状を体験したのは事実です。その時の経験により得た知識が、発声時頸部ジストニアの症状改善に少しでも役立てられればと考えています。

それでは、本題へ。

二度目の症状が発症したころ、私は既にこの仕事をしていましたから、一般の方よりは自分の身体に現れた症状を客観的に分析できたこともあり、どうすれば声が出やすくなるのか、毎日のように実験と検証を繰り返していました。

おそらく、施術家もしくは医者の立場でこのような症状を自ら体験し、しかもその時の体験から、改善に有効な方法を検証しているという人間は少ないと思いますから、私の体験からくる知識は同じような症状を抱えている方にとって多少意味のあるものになるのではないかと思います。

それではここからは、私が検証した結果、声が出やすくなった方法をいくつか紹介します。

つづき⇒声が出せない病気を克服するために、私が取り組んだこと