眼精疲労について

 

 

現代人は、仕事やプライベートで、パソコンや携帯電話を長時間使うのは当たり前になってきています。
その他にも読書やゲーム、テレビなど、私たちの周囲には、目を酷使する要素がいくらでもあります。

ですから、目が疲れるという現象自体は、特におかしなことではありません。
身体は「消耗品」ですから、酷使すればそれなりの代償があるのは当然ですし、この程度の疲労は、通常であれば、睡眠を取れば回復します。

しかし、休息をとってもなかなか回復せず、眼痛・眼のかすみ・まぶしさ・充血などの目の症状や、頭痛・肩こり・吐き気などが続くような場合、この状態を一般的に「眼精疲労」と呼びます。

現代・西洋医学での見解

 

眼球内部には、ピントを合わせるためにレンズ(水晶体)の厚さ(度数)を調節する毛様体筋という筋肉があります。この筋肉に疲労、緊張が原因と考えられているようです。

その原因として、大きく「視器要因・環境要因・心的要因」に分類されます。

〇視器要因 近視・遠視・乱視・老眼。その他の眼の各種疾患

〇環境要因 パソコン・テレビ・エアコン。部屋の明るさ等が関係。

〇心的要因 ストレス・神経症・自律神経失調症

また、メガネやコンタクトレンズが合っていないという単純な要因も考えられます。

菊地屋での見解

 

目と脳は、直接神経がつながっており、「目は脳の一部」と言えます。
そのため、脳の状態が直接目にも影響するのです。

頭熱(のぼせ)状態が慢性的に続くと、脳が過剰な血液によって充血し、脳内の圧力が上がる事があります。
そのことによって、あらゆる血管や神経を圧迫し、さまざまな目の症状につながると考えられます。

有効なセルフケア

 

頭熱(のぼせ)状態を改善することができれば、眼精疲労も改善していきます。
そのためには頭寒足熱・冷え取り健康法が有効です。

〇関連記事

古来から伝わる健康の秘訣、頭寒足熱・冷えとり療法を全ての現代人におすすめしたい具体的な理由