あえて、気功(エネルギー療法)を受けていることを周囲に言う必要はない

気功(エネルギー療法)を受けていることを周囲に言う必要はない

この記事は患者さん向けのコンテンツです。

当院は婦人病に特化した整体院です。

肩こりや腰痛などと違い、自分が婦人病の症状にかかっていることを明け透けに語る方はあまり多くはありませんから、周囲にも、治療を受けていること自体話していないケースも少なくないようです。

私は、あえて言う必要はないと思いますが、ご家族や親しい友人、恋人など、治療を受けていることを伝えておきたい相手もいるはずです。

その場合は、気功や手当てを受けていると伝えるよりは、一般的にも認知されている「整体院に通っている」という言い方をすることをおすすめします。

基本的に人間は、自分の常識を超えたものや信じたくないこと対しては、非常に警戒するものです。

警戒する程度であればいいのですが、多くの人は、そういった自分とは違う考え方や物事に対して攻撃的になります。

よく飲み屋で、政治と宗教と野球の話はしてはいけないと言われるのも、上記のような人間の特性があるからです。

飲み屋ではなくても、一般的な常識や考え方を刺激して、他人から攻撃されるような状況はできるだけ避けるべきでしょう。

私は手当て整体というエネルギー療法の効果については信頼していますが、世間的に気功という治療法が胡散臭いイメージを持たれていることに関しては客観的に把握しています。

当然、その技術を使っている私たち治療家も、同様にあやしいと思われている部分もあると思います。

例えば「先生は全然あやしくない」と、患者さんが周囲のご家族やご友人に一生懸命説明しようとしてくれたとしても、よほど考え方が柔軟な方でないと、あやしい印象を覆すことはなかなか難しいかもしれません・・

場合によっては、「洗脳されているんじゃないか・・」などと邪推されてしまう場合もあるかもしれません。

ということで、相手によっては、一般的な整体院と伝えた方が無難な場合があることを知っておいてください。
周りに反対されながらの治療では、治るものも治りませんからね・・

ブログ

  1. 【沖縄旅行】きれいな海、心地よい波の音、美ら海水族館の映像&…
  2. 依存する患者と支配欲が強い治療家は、共依存関係であることが多…
  3. 当院の患者さんへ。本の貸し出しについてのルール
  4. 子授け子育ての祈願が盛んな子之神社でお参り
  5. 当院のセルフケア指導は、あえて、ゆるめにしています
  1. 患者さん向けのコンテンツ

    当院のセルフケア指導は、あえて、ゆるめにしています
  2. 患者さん向けのコンテンツ

    子授け子育ての祈願が盛んな子之神社でお参り
  3. 患者さん向けのコンテンツ

    好転反応(毒出し)はなぜ起こるのか?
  4. 患者さん向けのコンテンツ

    「読書のススメ」患者さんには、遠慮なくどんどん本を借りて欲しい
  5. 患者さん向けのコンテンツ

    当院の患者さんへ。言語化が難しい感覚、モヤモヤした気持ちがあればお気軽に相談して…
PAGE TOP