自律神経失調症について

自律神経は血管・内臓など、自分の意志とは関わり無く働く組織に分布していて、呼吸・代謝・消化・循環といった 生命活動に必要な働きを調節しています。

しかし、この自律神経が狂う事により、めまい、急な動悸、冷や汗、動悸、血圧の異常変化、耳鳴り、腹痛、下痢、微熱、生理不順といった身体症状から、情緒不安定、不安感やイライラ、抑うつ気分など精神的な変化が起こる症状です。

現代・西洋医学での見解

 

ストレスやホルモンが影響していると言われているようですが、根本的な「原因は不明」とされています。

元々、病名の付かない復数の症状が複合した状況をまとめてこのように呼んでいる面が強く、いわゆる不定愁訴を寄せ集めたという印象を持っている方も多いのではないでしょうか。

症状だけ挙げれば10や20も複合している方も多くいるので、明確な施術法が確立していないのも無理はないかもしれません。

菊地屋での見解

 

菊地屋では、慢性的な頭熱(のぼせ)状態が自律神経失調症の主な原因になっていると考えています。
詳細は、頭熱(のぼせ)状態が慢性化すると、なぜ危険なのか?をご覧ください。

有効なセルフケア

 

自律神経失調症を改善するためには、頭熱(のぼせ)状態を改善する必要があります。

そのために、菊地屋でおすすめしているのは、冷えを改善し、ストレス解消にもなる頭寒足熱・冷えとり療法です。

〇関連記事

古来から伝わる健康の秘訣、頭寒足熱・冷えとり療法を全ての現代人におすすめしたい具体的な理由