卵巣機能低下症の原因、ストレスや冷えとの関係、薬を使わず機能を高める方法

といったことであれば、当整体院がお役に立てると思います。

このページでは、卵巣機能の問題をホルモン療法以外の方法でケアしたいと思っている方に役立つ情報をご紹介しております。

 

卵巣機能低下症(若年性更年期障害)について

 

20~30代の若い女性が、更年期と同じような症状を起こす「若年性更年期障害」が、最近増えてきていると言われています。
医学的には「卵巣機能低下症」と言い、文字通り卵巣の機能が低下して起こる病気です。

一般的な症状

頭痛、ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、動悸、微熱、血圧異常、耳鳴り、冷え、不眠、めまい、月経異常、疲労感、息切れ、肩こり、首こり、むくみ、イライラ、不安感、憂鬱、下痢、便秘、腰痛、しびれ・・など。

現代・西洋医学での見解

 

卵巣機能低下症(若年性更年期障害)の最も大きな原因と言われているのが、女性ホルモンの一つであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量の減少です。

 

卵巣の機能が良好であれば、脳内の視床下部という部分から発せられる「エストロゲンを出せ」という命令(この命令は、卵巣刺激ホルモンという他のホルモンによって行われています)に反応し、実際にエストロゲンを分泌する事ができますが、卵巣機能が低下してくると、卵巣はこの命令に対応できなくなります。
つまりエストロゲンを分泌できなくなってくるのです。

 

すると、視床下部は、「なぜ命令しているのに増えないのだろう?」と、命令(卵巣刺激ホルモン)を出し続けます。

 

その結果、卵巣刺激ホルモンは増加する一方で、エストロゲンは増加しないというホルモンのアンバランスが起こります。

 

このホルモンバランスの乱れが、卵巣機能低下症(若年性更年期障害)の主な原因と考えられています。

 

そして、ホルモンのバランスが乱れる理由として、過剰なストレス、ダイエット、不規則な生活、お酒やタバコといった嗜好品、乱れた食習慣などが深く関係していると考えられています。

子宮や卵巣はなぜ病気になりやすいのか?菊地屋の仮説

 

なぜ、子宮や卵巣は病気になりやすいのか?または機能が落ちやすいのか?
その理由について、菊地屋の仮説をお伝えしたいと思います。

 

ただ、婦人科系の病気は女性ホルモンのバランスが崩れることで起こる・・
といった、他のサイトでも確認できることを書いてもあまり意味がないので、「慢性的にエネルギーが不足し疲労が蓄積した状態が、どのようにして子宮や卵巣の病気につながっていくのか」という切り口で、私の仮説を述べていきたいと思います。

 

おそらくこの考え方を知ることで、あなたの子宮や卵巣の病気に対するイメージは大きく変わるはずです。

命に別状がない部位から順番にエネルギーがカットされていく(身体が衰えていく)

 

私たちが生きていくためにはエネルギーが必要です。

 

基本的には水分や食べ物、酸素などからエネルギーを取り入れるわけですが、広義の意味では、太陽の光や東洋哲学の中心概念である「気」などもエネルギーであり、そういったさまざまな種類のエネルギーを取り入れ、それを利用することで私たちは生きています。

 

現代人はエネルギーを消耗し過ぎている方がとても多いのですが、その状態が慢性化してしまうと、身体は生命を維持するために、エネルギーの分配方法を状況に応じて最適化しようとします。

 

少しややこしい表現になってしまいましたが、平たく言えば、少ないエネルギーの中でなんとか生きていく必要があるので、命に関わる重要な臓器や機能に回すエネルギーを優先して、それ以外へ回すエネルギーを減らすことで、身体全体のダメージを最小限に抑えようとするわけです。

 

例えば、急に仕事を辞めることになり、お給料が激減してしまったとします。

 

すると、ファッション代や外食代、レジャー代などにお金を使うことは難しくなり、生活の基盤となる家賃や光熱費、食費、通信費など、最低限の支出で済むように節約するのが一般的ですよね。

 

それと同じで、身体もエネルギーが足りなくなれば、命に別状がない部分に回すエネルギーから段階的にカットしていくことで、エネルギーを節約しつつも、全体のダメージが最小限になるようにバランスを取ろうとする傾向があるのです。

 

老化現象についても同じ考え方が適用できます。

 

人間が老化していくプロセスは大抵の場合、生命維持には直接関係ない肌や毛髪、爪や歯、目や耳、筋肉など末端の部位から進んでいきます。

 

このような現象も、より生命維持に重要な部位を守り、身体のパフォーマンスを長く維持できるようにするためだと考えられます。

 

老化する年齢ではなかったとしても、仕事が忙し過ぎたり、強いストレスが続いたり、睡眠不足や暴飲暴食などでエネルギーが消耗すれば、やはり命に別状がない部位から症状が現れてくるのが一般的です。

 

例えばあなたも、肌が荒れたり、顔色が悪くなる。
髪が細くなったり、白髪が増える。
目の疲れを感じたり、視力が低下する。
耳鳴りやめまいを感じる。
筋肉が凝り、身体が固くなる。
疲れが取れない。
精神的な不安定さを感じる。
眠れなかったり、眠りが浅い。
身体が冷えきっている。
生理痛や頭痛がひどい。

など。

こういった症状が現れていたのではないでしょうか?

身体全体を守るために子宮や卵巣が犠牲になっているのかもしれない

 

本当はこういった症状が出ている時点で、身体は「このままでは病気になってしまいますよ!」というメッセージを何度も発信しているのですが、それを長期間放っておくと、状況はさらに悪化してしまいます。

 

私の印象では、自律神経系、内分泌系(ホルモン)、免疫系のバランスが崩れるというプロセスを経た後、臓器の病気や機能低下に発展していくケースが多いと感じているのですが、問題が臓器のレベルにまで至ってしまった場合、比較的、早い段階で犠牲になる可能性が高いのが子宮や卵巣なのではないかと考えています。

 

なぜなら、子宮と卵巣は、仮に手術で全摘出したとしても、ある程度ふつうに生きられる臓器だからです。

 

極端な話、摘出してもなんとか生きていける臓器の機能が落ちたり、そこに良性の筋腫やのう種ができたとしても、命が脅かされるような状況になることはまずありません。

 

それは裏を返すと、子宮や卵巣が犠牲(機能が落ちる)になることで、他の臓器が病気にならずに済んだり、身体全体のダメージを最小限に抑えられていると考えることもできるのではないでしょうか。

 

これはもちろん仮説ですが、私自身は大真面目に信じている仮説ですし、できればあなたにもこの考え方に賛同してもらいたいと思っています。

 

なぜなら、子宮や卵巣の犠牲のおかげで、これ以上状況が悪化せずに済んでいると考えれば、卵巣の機能が低下してしまったことに対する拒絶感や怒りが多少はやわらぐはずですし、何よりも、あなたがあなた自身と敵対関係にならないで済むからです。(病気と敵対するということは、それを生みだした自分と敵対することと同じですからね)

 

今この瞬間も生きるために一生懸命頑張っている身体を、これ以上責めるのはさすがにかわいそうです。

 

まずはあなたが、あなた自身の身体を肯定してあげてみてはいかがでしょうか。

卵巣機能低下症(若年性更年期障害)と本気で向き合うために必要なこと

 

これまでの話の流れをまとめると。

 

前提として慢性的にエネルギーが不足した状態があり、その状況を長く放置してしまうことで、エネルギーを回せなくなる臓器が出てくる。
その際、命に別状がない子宮や卵巣が犠牲になりやすい。(機能が落ちやすい)

 

卵巣機能低下症(若年性更年期障害)もその結果現れたものだと考えられます。

 

ここで私が強調しておきたいのは、結果的に現れてしまった症状にフォーカスしても、慢性的にエネルギーが不足してしまうほど、心と身体に負担がかかるようなライフスタイルを見直さない限り、根本的な問題解決にはならないということです。

 

あまりにも辛い症状が出ている時に薬を使うことは全く悪いことではありませんが、それはあくまでも一時的な対処でしかありません。

 

大切なのは、エネルギー効率が悪くなりがちのライフスタイルを見直し、子宮や卵巣にも十分にエネルギーを回すことができる状況を作ることでホルモンバランスを整えることだと考えています。

 

〇関連記事

現代人が無自覚にエネルギーを消耗してしまう習慣について

卵巣機能低下症(若年性更年期障害)とストレス・冷えの関係

 

ストレスとの関係

 

私たちの身体は、呼吸、心拍数、血圧、体温など、さまざまな働きを司る「自律神経系」、ホルモンの分泌を司る「内分泌系」、外部から侵入してくる異物から自身の身体を守る「免疫系」などの働きが、バランス良く機能することで健康を維持しています。

 

しかし、急に大きなストレスを受けたり、日々のストレスが重なり過ぎると、この三つのシステムのバランスが壊れてしまいます。
このことが原因となり、あらゆる症状が現れてしまう訳です。

 

ある秩序が崩壊した時に、最初に影響が出てくるのは、基本的には、そのシステムの中で最も脆弱な部分でしょう。
女性の場合、それに当たるのが子宮や卵巣などの骨盤内にある臓器であることが多いのです。

 

その理由は、女性の骨盤の構造にあります。

 

男性と違い、女性の骨盤内には、子宮や卵巣、その他にも尿道や膀胱、直腸などがぎっしりと詰め込まれているため、構造上複雑にできており、血液が滞りやすくなります。

 

また、骨盤が男性よりも広くできているので、身体を支える筋肉が、運動不足で衰えたり、冷えによって過剰緊張してくると、胃や腸などの臓器が下がり、骨盤内にある子宮や卵巣、膀胱を上から圧迫してしまうことがあります。

 

すると、押しつぶされた子宮や卵巣の血流は悪くなり、さまざまな異常が現れることになるのです。

 

機能が落ちた卵巣はホルモンを正常に分泌できなくなり、女性ホルモンのバランスが崩れることで生理痛や生理不順ような症状が起こるのではないかと考えています。

冷えとの関係

 

過剰なストレスを抱えている上に、慢性的な冷え(全身の血液の循環不良)が加わるとなると更に危険です。

 

血液の循環が悪くなると、細胞に栄養や酸素を供給したり、炭酸ガスや老廃物を排出することが難しくなりますから、身体にとっては大きな負担となります。
ましてや、元々、血液が滞りやすい骨盤内にある子宮や卵巣にとっては、致命的な問題となるでしょう。

 

このように、卵巣機能低下症(若年性更年期障害)とストレスや冷えは密接に関係していると考えています。

有効なセルフケア

 

卵巣機能低下症(若年性更年期障害)緩和するために菊地屋でおすすめしているケアは頭寒足熱・冷えとり療法です。

 

自律神経やホルモンのバランスが整い、免疫力を高められるだけでなく、温めることで内臓機能も高まるため、臓器同士のネットワークも正常化していくはずです。

 

簡単でお金もかからず、自宅で気軽にできるケアなので是非試してみてください。

〇関連記事

古来から伝わる健康の秘訣、頭寒足熱・冷えとり療法を全ての現代人におすすめしたい具体的な理由