婦人病に特化した整体院は、婦人病に加えて、睡眠障害と頭痛に特化した整体院として生まれ変わります

代官山で開業してからの約7年、子宮や卵巣に特化した整体院として営業してきましたが、元号も平成から令和に変わることですし、いいタイミングかと思いまして、整体院としての幅をもう少し広げることにしました。

 

これまでと同様、婦人病関連の施術は継続していきますが、新たに睡眠障害(不眠症)や頭痛へのアプローチが得意な整体院としてのカラーを打ち出していこうかと思っております。

 

実際、睡眠障害と頭痛は、得意中の得意科目でして、これまでなぜ打ち出してこなかったかというと、それは単純に演出の問題です。

 

醬油ラーメンや味噌ラーメンや豚骨ラーメンなど、いろいろなラーメンを出しているお店よりも、多くの人は、醬油ラーメンに特化したお店のほうがなんとなく美味しそうに感じるものだろうと考え、あえて特色を1つにしぼり、これまではやってきました。

 

この打ち出し方も決して悪い方法ではないと思うのですが、今は何足わらじを履いていてもいい時代になってますし(実際、沢山のわらじを履いている人のほうが高いパフォーマンスを発揮してますしね)、もっと多くの症状を研究したいという想いもあり、これからは婦人病以外の得意分野も積極的にアピールしていくことにしました。

 

睡眠障害と頭痛がなぜ得意分野なのかというと、実は子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣嚢腫、卵巣の腫れ、生理痛・生理不順、不妊症などの婦人病でお悩みのクライアントさんのほとんどが、睡眠障害か頭痛のどちらか、または両方の問題を抱えていたからなんです。

 

ちょっとだけ専門的な話になりますが、婦人病とホルモンバランスの乱れ、睡眠障害や頭痛と自律神経の乱れは密接に関係していますが、ホルモンと自律神経を同時にコントロールしている親玉的な存在が、脳の中にある「視床下部」という臓器なんです。

 

以下のイラストのような感じで、視床下部はホルモンや自律神経を支配しているわけですが、逆に考えると、婦人病の原因となるホルモンの乱れも、睡眠障害や頭痛の原因となる自律神経の乱れも、元をたどると視床下部の問題と考えることができるるわけですね。

 

菊地屋では、この視床下部を活性化させる施術を行っているため、ホルモンバランスと自律神経の乱れに同時にアプローチすることができ、結果的に、婦人病だけでなく、睡眠障害や頭痛が緩和する方がとても多かったんです。

 

ですから私の中では、婦人病も睡眠障害も頭痛も、本質的には同じようなものだと思っていますし、アプローチする技術もほとんど同じものを使っています。

 

ということで、菊地屋では睡眠障害や頭痛でお悩みの方も大歓迎ですので、お気軽にご連絡ください。

 

〇追伸

元号が平成から令和に変わる5月から、お気軽に施術をお試しいただけるように、有料体験コースの価格を5500円→3000円(料金表)にすることにしました。

婦人病はもちろん、睡眠の質を高めたい方、頭痛を楽にしたい方は、よろしければこの機会にお試しください。

 

〇関連記事

睡眠障害について

頭痛や偏頭痛について

おすすめのセルフケア

 

婦人病、睡眠障害、頭痛でお悩みの方におすすめのセルフケアは、頭寒足熱・冷え取り健康法(半身浴や湯たんぽで行う健康法)です。
簡単でお金もかかりませんし、症状がかなり楽になるはずですよ!

 

(お風呂や湯たんぽで身体を温めると、自律神経のバランスが整うことがわかっています。そして、自律神経に効くということは、その親玉である視床下部にも良い影響を与えることができると考えられます。)

 

どうしても私たちは、権威があって、値段も高い治療法や健康法のほうが症状が改善しそうな気がしてしまうものですが(実際、そうであるケースも少なくないのですが・・)個人的には、こういったセルフケアを利用して、自分の力で改善していくのがベストだと思っていますし、実際、結果が出やすいと思っています。