依存するクライアントと支配欲が強い施術家は、共依存関係であることが多い

あるクライアントさん(以下Kさんとします)が以前通っていた整体院の先生は、食事や物の考え方など、あらゆることに対して非常に厳格な方らしく、その先生に会う時は、「今度は何を言われるんだろう・・」と萎縮してしまい、胃が痛くなったそうです。

症状を緩和するために整体に通っているはずなのに、胃が痛くなるって・・どうなんだろうと思う方もいるかもしれませんが、この業界では結構よくあることなんです。

依存型のクライアントさんと、支配欲の強い施術家が出会うと、自然とこういった構図が生まれます。

世の中には、依存型のクライアントさんも、支配欲の強い施術家もわんさかいますから、ちらほらよく聞く話です。

意外かもしれませんが、このような関係性を分析してみると、クライアントさんが施術家に依存しているだけでなく、実は「施術家の方もクライアントさんに依存している」ケースが多かったりします。

なぜなら、支配欲が強い施術家は、支配できる対象としてのクライアントさんがいないと困るからです。

要するに、「共依存関係であるケースが少なくない」んですね。

互いに依存し合える関係というのは、当事者からすればそれなりに気持ちいいものでしょうし、お互いがそれを望んでいるのであれば、需要と供給が成り立っているわけですから、それはそれで世の習いなのだと思います。


ただ、私個人の考えとしては、そういう関係性は気持ち悪いと感じてしまうので、できるだけクライアントさん自身に行動してもらい、自らの頭で考えてもらいます。
(そのため依存傾向が強い方からは、私は多少厳しく映るはずです)

他の整体院よりも、施術間隔を長めに設定しているのも、クライアントさんの自主性を大切にしているからです。

しかし、全てをクライアントさんに委ねてしまうわけにもいきませんから、それぞれのクライアントさんの歩幅に合わせ、最適な距離感を保ちつつ、サポートしていきたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です