1ページマンガ。そしてコピーライターに憧れていた頃の話

二人三脚ヒーリングはこれまでに無かった新しい発想のヒーリングなので、言葉で説明するよりも、マンガのほうがイメージしやすいのではないかと思い、先日、「ココナラ」というサイトを使って、二人三脚ヒーリングの特徴を説明するための1ページマンガを作ってもらいました。(後ほどご紹介しますね)

 

結果的に素敵なものができたのではないかと、個人的には思っているのですが、1ページという制限がある中で、どんなことをどんな風に表現するのかを考えるのは、なかなか大変な作業でした。

 

二人三脚ヒーリングの特徴のどこを切り取って伝えるべきなのか?(1ページで全部は伝えられないので)

 

登場人物は何歳くらいで、どんな悩みを持った人に設定したほうがいいのか?

 

どんなシチュエーションで、どんなセリフにするのか?

 

そういったシナリオやセリフを全部考える必要がありました。

 

普段とは全く違う頭の使い方をしたのでちょっと疲れましたが・・

 

「1ページの中で特徴を簡潔に伝えるにはどうすればいいのか?」という考察を通じて、改めて二人三脚ヒーリングというサービスについて、客観的に考えられたのは収穫でした。

 

やっぱり、物事の成り立ちを細かく分解してみる作業は重要ですね。

 

昔、数か月間だけでしたが「コピーライター」という仕事に興味を持った時のことを思い出しました。

 

コピーライターの人たちは、短い文章の中で、商品やサービスに興味を持ってもらったり、特徴を伝えなくてはいけないので、その商品やサービスのことを徹底的に分解して、本当に大切な「本質の部分」を抽出するスキルがないと良いコピーは書けないらしいのです。

 

当時、コピーライターになるための本を読みながら、そういった「本質を抽出して言語化する」ところに魅力を感じたのを覚えています。

 

なんかカッコいい!と思ったんですね。

 

久しぶりにそういうことを思い出して、僕も本質的なものを抽出する力を高めていきたいものだな~と思いました。

 

 

話のついでに名作キャッチコピーをいくつか。

 

そうだ、京都へいこう(JR東海 京都キャンペーン)

 

 ・ん~っ不味い!もう一杯!(キューサイの青汁)

 

やめられないとまらない、カルビーかっぱえびせん(カルビーかっぱえびせん)

 

すぐおいしい、すごくおいしい(チキンラーメン)

 

ココロも満タンに(コスモ石油)

 

・お、ねだん以上。ニトリ(ニトリ)

 

・一目で義理とわかるチョコ〈ブラックサンダー〉

 

・ため息の多い国だから。〈明治キシリッシュガム〉

 

・「1本しか売ってなかった」と好きな子に嘘をついた。〈ポカリスエット〉

 

・仕事を聞かれて、会社名で答えるような奴には、負けない。〈ガテン/リクルート〉

 

キャッチコピーって面白いですよね~

 

〇1ページマンガ

 

コロナ騒動による不安やストレスで消耗している人のために

ずっと無料で受けられる遠隔ヒーリングを提供しています。
コロナ騒動の不安やストレスは、あなたの心と身体のバランスを崩してしまう可能性があります。

「今、菊地屋ができることは何か」と考え、この状況を乗り越えるためのサポートを無料で提供していくことを決めました。

ご興味がある方は、本当にずっと無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

二人三脚ヒーリングに無料登録するだけで、以下の「6つのサポート」をずっと無料で受けられます。