感受性が強い人(HSP)はなぜ疲れやすいのか?プロの整体師が解説

感受性という言葉を調べてみると以下のように出てきます。

 

かんじゅ‐せい【感受性】

外界の刺激や印象を感じ取ることができる働き。

出典:デシタル大辞泉(小学館)

 

私たちは、常に外の世界からいろいろな情報をインプットしていますが、その情報に対しての「感じ方」には個人差があります。

 

いわゆる感受性が強い人、感受性が豊かな人とは、外界の情報をキャッチするためのアンテナが敏感で、受信できる情報量が多い人だといえます。

 

そのぶん、ふつうなら受信できない情報を受け取ることができます。

 

例えば、共感能力が高く人の気持ちがよくわかったり、場の空気を読むことが得意だったりします。

 

状況にうまく適応して気を配ることができるので、周囲の人から信頼されやすかったり、ビジネスの場面でもうまく立ち回れる人が少なくありません。

 

とはいえ、感受性が強く敏感であることは、良いことばかりではありません。

 

周囲の人がイライラしていたり、精神状態が不安定だったりすると、それに同調して疲れてしまったり、相手の気持ちに敏感に反応して気を使い過ぎたりと、ストレスをため込みやすいというデメリットもあります。

 

人一倍、感受性が強い人のことをHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)と呼ぶこともあります。

 

HSPの人は、外界からのちょっとした刺激にも敏感に反応してしまい、その過敏さ故に、ストレスを受けやすく精神的に不安定になりやすい傾向があると言われていますから、感受性が強過ぎてしまうのも、それはそれで大変なところがあるわけですね。

 

感受性が強い人はなぜ疲れやすいのか?東洋医学的な説明

 

結論からいえば、感受性や共感能力が高い人は、一般的に、人に「気」を使い過ぎる傾向があり、それが原因で慢性的に疲れがたまっていると考えられます。

 

東洋医学では、人間の心と身体は気と呼ばれる生命エネルギーによって駆動していると考えられています。

 

気が充実していれば、心と身体は活動的になり病気にもなりづらいものですが、気を消耗し過ぎると、心身ともに元気がなくなり病気になりやすくなってしまいます。

 

例えば、初対面の人と会う時や、失敗が許されない場面などで気を使い過ぎると、その後すごく疲れますよね?

なぜそういうことが起こるのかというと、気を使うということは、文字通り気を消耗するということであり、それは生命力が減退するということだからです。

 

ですから、日常的に気(生命力)を使い過ぎている人は、慢性的な疲労やだるさ、眠気や気力の低下を感じていることが多いわけです。

 

なぜ、感受性や共感能力が強い人の多くが、日常生活の中で気を使い過ぎてしまうのかというと、おそらく必要以上に人の気持ちを察してしまったり、場の空気を読んでしまうからだと思います。

 

周囲に気を配ることは概ね良いことなのですが、あまりやり過ぎると生命エネルギーが減退してしまいますので、自己犠牲にならないようにするためにも、周囲に気を配る優しさを持っている感受性が強い人は、消耗した気を補うための方法論を持っておいたほうが安全なのです。

 

人に気を使い過ぎて、消耗した気を補う簡単な方法

 

消耗した気を一番簡単に補う方法は「呼吸」です。

 

難しいことは横においておいて、とにかく意識的に沢山「息を吸い込むようにしましょう。

 

シンプルですが、とても効果的ですので是非試してみてください。

 

でも、習慣化するのはちょっと難しそうかも・・と感じた方には、

 

気功のプロに、消耗した気を「無料」で補ってもらうのがおすすめです。

 

しかも、気を補ってもらえるだけでなく、以下の「7つ」のサポートがずっと無料で受けられます。

 

①前頭前野を活性化させるヒーリングで、扁桃体を抑制し、不安や恐怖を軽減

②腸のヒーリングを行うことで免疫力を活性化

入眠しやすくなる。睡眠の質が向上する

④消耗した「気」を補うことができる

ストレスを減らす価値観や考え方、体調を改善するためのセルフケア情報を知ることができる

⑥いろいろ質問できる

心の面積を拡大することができる

 

この無料サービスにご興味がある方はこちら↓をクリックしてください。