天気が悪くなると古傷(神経痛)が痛む3つの原因

雨やくもりの日は、なぜか古傷(神経痛)が痛む・・

 

そんな経験がある方は少なくないのではないでしょうか。

 

なぜそんなことが起こるのか?

 

さまざまな説がありますが、その中の3つの考え方をご紹介したいと思います。

①気圧の影響で古傷(神経痛)が痛むケース

 

基本的に天気が悪い時は、気圧が低下するものですが、そのことにより、人間の体内では「ヒスタミン」という物質の分泌が増えることがわかっています。

 

ヒスタミンには血圧を急に下げたり、血管を拡張させたり、炎症を起こすといった作用があるほか、自律神経の「交感神経」を刺激する働きがあります。

 

さらに交感神経は、関節や筋肉の周辺で血管を収縮させ、神経を過敏にする働きがあることから、痛みを強く感じるといったことが起こると考えられます。

 

②湿度の影響で古傷(神経痛)が痛むケース

 

気圧が下がり雨が降ると、当然、湿度は上がります。

 

湿気が多いと、汗をスムーズかくことができなくなり、体内の水分代謝を滞らせる原因となります。

 

すると、体がむくみやすくなり、血液循環も悪くなることから、疲労物質(毒素)が蓄積されやすくなってしまいます。

 

そのため、痛みはもちろん、さまざまな症状が悪化したり、だるさや疲労感に悩まされるといったことが起こると考えられます。

 

③気温の影響で古傷(神経痛)が痛むケース

 

天気が悪くなると、一般的に気温が下がる傾向があります。

 

気温が下がると血管は収縮し、筋肉も固くなるので、神経痛が起こる原因となる可能性があります。

 

〇関連記事
気象病(お天気病)について

 

外的な自然環境から想像以上に影響を受けていることを知れば、余計な不安や心配が少なくなる

 

人間は天候や気圧、気温、湿度などの外的環境に想像以上に影響を受けています。

 

これは、事実として素直に認めておいた方が無難だと思います。

 

なぜなら、体調が悪かったり、精神的に落ち込んだ時などに、その原因が外的環境のせいである可能性が高いことをあらかじめ知識として知っていれば、「症状が悪化したかも・・」とか「何かの病気かも・・」といった余計な不安や心配が少なくなるからです。

 

「人間は自然をコントロールすることはできない」

 

そんな当たり前のことを、あらためて理解するだけで、余計な不安や恐怖心が減るはずです。

 

他人も自然もコントロールできないことを理解するとストレスが減る

 

 

自然環境はもちろん、この世界のほとんどのものはコントロールできません。

 

一般的に、完璧主義になりがちの方、なんでも白黒つけなくては気がすまない方が、ストレスをためこみやすく病気になりやすいと言われるのは、原理的にコントロールできないものを、無理やり白と黒に分けようとしたりコントロールしようとしてしまうからかもしれません・・

 

また、天候や気圧、気温、湿度をコントロールできないのと同じように、他人の心もコントロールできません。

 

それは、人間も自然の一部だからだと思います。

 

人の心も自然も、思い通りにコントロールすることなんてできないということを理解し、「世の中はそういうものなんだから仕方ない」と、柔軟に考えることができると、ストレスが減って生きることが少し楽になるのではないかと思います。

 

 

余談ですが、相手を無理にコントロールすることをあきらめると、急に人間関係が良くなったりするものです。おそらく、醸し出している雰囲気が柔らかくなって、周囲との関係性が変わるのだと思います。不思議ですね~

 

痛みや体調の悪さは、もしかすると思い込みが関係しているかも!?

 

私たちが外的な環境から影響を受けているのは事実ですが、例えば、「雨の日は症状が出てしまう・・」とか「季節の変わり目はいつも体調が悪くなる・・」という思い込みを持つことはおすすめしません。

 

なぜなら、そういう思い込みを持っていると、それが現象化しやすくなってしまう危険があるからです。

理由はこちら↓

 

ネガティブなイメージを刷り込むと、実際にそれに近い現実が実現してしまう可能性が高くなります。

なぜなら、その方が整合的であり、論理的にスッキリするからです。

私たち人間は、基本的に整合性に欠けることや、論理的に納得できないことを嫌います。(認知的不協和)

そのため、私の症状は治らないかもしれない・・という疑念が強くなると、「あれ、治っちゃった」よりも、「やっぱり治らなかった」という現実のほうにリアリティを感じるようになり、そちらの現実を脳が現実化させようとするのです。

病気を治そうと焦るほど、治りづらくなる理由からの引用

 

実際、こういった思い込みを持っているクライアントさんに、「天気が悪くても体調がいい日は必ずあるはずですから、今度、雨が降った時は意識してみてください」と伝えると、天気からの影響を受けずらくなることが多いようです。

 

まとめ

 

ということで、私たちは天候や気圧、気温、湿度などから想像以上に影響を受けていること、そして自然(人間も含めて)はコントロールできないことを潔く認めればストレスが減るという話でした。

 

とはいえ、あまりにも外的な自然環境から影響を強く受けてしまって、いつも体調を崩してしまったり、ネガティブな精神状態になってしまうというのは問題です。

 

おそらくそういう方は、自律神経が相当乱れている可能性が高いので、自律神経の乱れを改善するケアを行うことをおすすめします。

 

自律神経の乱れを改善。ぐっすり眠れるようになったと評判の無料ヒーリング

 

自律神経が乱れると、睡眠の質が低下することが知られていますが、裏を返すとそれは、睡眠の質が高くなれば、自律神経も整う可能性が高いことを意味しています。

 

そこで、睡眠の質を高めるケアとして、ご自宅で簡単に受けられる「二人三脚ヒーリング」を提案しています。

 

〇二人三脚ヒーリングを受けた方のご感想

昨夜のヒーリングありがとうございました。
ヒーリングを受けて不眠症の私が昨日はぐっすり眠れました。
まだ眠いです。
又お願いします。
※遠隔気功ヒーリングの効果には個人差があります。
昨日主人と一緒に遠隔ヒーリングを受けました。

寝るタイミングだったので、主人もすぐ、「何だかすごくリラックスする」と言いながら、すぐ眠りにつき…私も続けてすぐ眠りにつきました。

お陰様で最近妊娠初期で頻尿気味になって夜中に何度もトイレに行っていたのですが、一度も行かずに2人で朝までぐっすり眠れました。

※遠隔気功ヒーリングの効果には個人差があります。

(他にも沢山のご感想をいただいております。二人三脚ヒーリングを受けた方のご感想

 

〇二人三脚ヒーリングに参加すると、ずっと無料で受けられる6つのサポート

 

①前頭前野を活性化させるヒーリングで
扁桃体を抑制し、不安や恐怖を軽減

②腸のヒーリングを行うことで免疫力を活性化

入眠しやすくなる。睡眠の質が向上する

④消耗した「気」を補うことができる

ストレスを減らす価値観や考え方
体調を改善するためのセルフケア情報を知ることができる

⑥いろいろ質問できる

 

〇二人三脚ヒーリングって!?マンガで解説

家にいながらヒーリングを受けられ、そのままぐっすり眠ることができるため、睡眠の質を高めるためにはピッタリのサービスかと思います。

 

ずっと無料で受けられる二人三脚ヒーリングについての詳細はこちらをクリック。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です