卵巣の腫れの原因、ストレスや冷えとの関係、手術以外の改善方法

卵巣の腫れについて

このページでは、卵巣の腫れを「手術」や「ホルモン療法」などの対症療法以外の方法で症状を改善したいと思っている方に役立つ情報をご紹介しております。
当院が考える卵巣が腫れてしまう意外な原因、病院では教えてくれない効果的なセルフケアについても紹介しております。

卵巣が腫れる原因はさまざまですが、最も多い原因は、生理の周期に伴う正常な腫れといわれています。
(そもそも卵巣は腫れやすい臓器なので、あまり神経質になり過ぎる必要はありません)

排卵時、卵巣の壁を破って卵が飛び出ることにより、出血する事がありますが、この時の出血や、排卵後に卵巣に残される黄体が、卵巣の腫れとして見えることがあるとされています。

これらの腫れは、次の生理が来ると自然に小さくなっていくものなので、大抵の場合、経過観察になることが多いようですが、なかなか腫れがおさまらない場合、なんらかの病気が潜んでいる可能性が考えられます。

最も可能性が高いと言われているのが卵巣のう腫です。

菊地屋での見解

菊地屋では、卵巣の腫れの主な原因には、「ストレス」や「冷え」が関係していると考えています。

まずは、ストレスと卵巣の腫れについて解説していきたいと思います。

私たちの身体は、呼吸、心拍数、血圧、体温など、さまざまな働きを司る「自律神経系」、ホルモンの分泌を司る「内分泌系」、外部から侵入してくる異物から自身の身体を守る「免疫系」などの働きが、バランス良く機能することで健康を維持しています。

しかし、急に大きなストレスを受けたり、日々のストレスが重なり過ぎると、この三つのシステムのバランスが壊れてしまいます。
このことが原因となり、あらゆる症状が現れてしまう訳です。

ある秩序が崩壊した時に、最初に影響が出てくるのは、基本的にはそのシステムの中で最も脆弱な部分でしょう。
女性の場合、それに当たるのが子宮や卵巣などの骨盤内にある臓器であることが多いのです。

その理由は、女性の骨盤の構造にあります。

男性と違い女性の骨盤内には、子宮や卵巣、その他にも尿道や膀胱、直腸などがぎっしりと詰め込まれているため、構造上複雑にできており血液が滞りやすくなります。

また、骨盤が男性よりも広くできているので、身体を支える筋肉が運動不足で衰えたり、冷えによって過剰緊張してくると、胃や腸などの臓器が下がり、骨盤内にある子宮や卵巣、膀胱を上から圧迫してしまうことがあります。

すると、押しつぶされた臓器の血流は悪くなり、さまざまな異常が現れることになるのです。

次に、冷えと卵巣の腫れの関係について解説しますが、その前にまずは冷えについて簡単に触れておきます。

当院では、冷えとは全身の血液の循環不良という意味で捉えています。
(冷えについての詳細は、冷えは万病の元をご覧ください)

血液の循環が悪くなると、細胞に栄養や酸素を供給したり、炭酸ガスや老廃物を排出することが難しくなりますから、身体にとっては大きな負担となります。
ましてや、元々、血液が滞りやすい骨盤内にある子宮や卵巣にとっては致命的な問題となるでしょう。

卵巣の腫れはあくまで結果的な症状

ストレスや冷えが、子宮や卵巣に悪影響を与えているという考え方を、より理解するために前提として知っておくべきなのは、私たちの身体はさまざまな器官同士が複雑に関連した、相対的(他との関係において成り立っていること)なシステムだということです。

このことを踏まえると、卵巣の病気だからといって卵巣だけが悪い。
というような、短絡的な考え方が不自然なことに気づきます。

なぜなら、どこかの機能が低下すれば、それはその部分だけの問題ではなく、必ず身体全体に影響が伝搬するからです。
そして、状況がどんどん悪化していくと、脆弱な部分から異常が現れてくるようになります。

つまり、実際には、前述した三つのシステム(自律神経系、内分泌系、免疫系)のバランスが崩れるような、根本的な問題が先に起こっていて、そのしわ寄せとして、結果的に子宮(下腹部)の痛みのような症状が現れるというパターンが非常に多いのです。

ですから、「ホルモンに関連している症状だから、ホルモン剤を投与すればいい・・」というような、短絡的な対処法では、根本的な改善は難しいと言えるでしょう。
(再発の可能性も高くなるでしょう)

〇卵巣の腫れと不妊症について

ちなみに、卵巣や子宮の問題が不妊の原因となるという考えもありますが、当院の患者さんの中には、卵巣が腫れていても問題なく妊娠される方も少なくありません。
もちろん妊娠の可能性と関係がないとは言えませんが、当院の見解では、それよりもストレスや冷えのほうが不妊の根本的な原因となっている例が少なくないのではないかと考えています。

有効なセルフケア

身体のシステムがうまく機能しなくなり、そのしわ寄せが卵巣の腫れの原因となっていると仮定すれば、症状を改善するためには、根本的な身体の立て直しが必要です。

そのために、当院でおすすめしているのは、冷えを改善し、ストレス解消にもなる頭寒足熱・冷えとり療法です。(手術後のケア、再発防止にも有効)

このセルフケアは、お金もかかりませんし、家で一人でできるものですから、是非、ご自分のペースで取り組んでいただきたいと思います。

卵巣や子宮の腫れでお悩みの患者さんからいただいた、初めて施術を受けた時の感想

※初めて手当て整体を受けた時にどう感じたのか?
率直な感想を書いていただいています。

卵巣がんの疑いがあると言われている16センチ大の卵巣の腫れ、腹痛、頻尿を中心に、さまざまな症状でお悩みの患者さんからの感想。
感想を書き起こした文章はこちら→「院内の様子もかたくるしくなく安心でき、清潔感のある印象で、また続けてお願いしたいと思いました。
※施術の効果には個人差があります。

卵巣の腫れ、腰痛、腹痛を中心に、さまざまな症状でお悩みの患者さんからの感想。
感想の書き起こしはこちら→「半信半疑でしたが、正直こんなに効果がでると思いませんでした。
※施術の効果には個人差があります。

卵巣の腫れ、生理痛、低体温、腰痛、冷え性を中心に、さまざまな症状でお悩みの患者さんからの感想。
感想の書き起こしはこちら→「先生も、部屋の雰囲気も落ち着いた感じがして居心地が良かったです。
※施術の効果には個人差があります。

卵巣の腫れ、腰痛、腹痛、冷え性を中心に、さまざまな症状でお悩みの患者さんからの感想。
感想の書き起こしはこちら→「お風呂に入った後の様に心地良く・・
※施術の効果には個人差があります。

卵巣の腫れ、不正出血を中心に、さまざまな症状でお悩みの患者さんからの感想。
感想の書き起こしはこちら→「とにかく心地よかったです。
※施術の効果には個人差があります。

卵巣の腫れ、生理痛を中心に、さまざまな症状でお悩みの患者さんからの感想。
感想の書き起こしはこちら→「施術前と後の違いがとてもハッキリと出ていてびっくりしました。
※施術の効果には個人差があります。

卵巣の腫れ、生理不順、吐き気を中心に、さまざまな症状でお悩みの患者さんからの感想。
感想の書き起こしはこちら→「西洋医学ばかりにたよっていた私は目からうろこでした。
※施術の効果には個人差があります。

卵巣の腫れ、便秘、生理痛、冷え性を中心に、さまざまな症状でお悩みの患者さんからの感想。
感想の書き起こしはこちら→「目に見えない物だからこそ、体験して初めてその不思議さを実感し信じられるものなのだと思いました。
※施術の効果には個人差があります。

卵巣の腫れ、生理痛、冷え性を中心に、さまざまな症状でお悩みの患者さんからの感想。
感想の書き起こしはこちら→「“気”って身体の中に入っていくんだと実感を得られたのは嬉しかったです。
※施術の効果には個人差があります。

卵巣の腫れ、不正出血、頻尿を中心に、さまざまな症状でお悩みの患者さんからの感想。
感想の書き起こしはこちら→「ただ手を当てているだけでしたが、その後鼻がスーッと通り、たくさんの空気が体に入ってくる感じがし、ビックリしました
※施術の効果には個人差があります。

image334421

ブログ

  1. 当院の患者さんへ。本の貸し出しについてのルール
  2. 当院のセルフケア指導は、あえて、ゆるめにしています
  3. 母乳しか飲んでいないのに、赤ちゃんの成長があんなに早いのはな…
  4. 子授け子育ての祈願が盛んな子之神社でお参り
  5. 当院の患者さんへ。言語化が難しい感覚、モヤモヤした気持ちがあ…
  1. 患者さん向けのコンテンツ

    子授け子育ての祈願が盛んな子之神社でお参り
  2. 患者さん向けのコンテンツ

    「読書のススメ」患者さんには、遠慮なくどんどん本を借りて欲しい
  3. 患者さん向けのコンテンツ

    当院のセルフケア指導は、あえて、ゆるめにしています
  4. 患者さん向けのコンテンツ

    私が考える、治療家にとって最も大切な仕事とは
  5. 患者さん向けのコンテンツ

    母乳しか飲んでいないのに、赤ちゃんの成長があんなに早いのはなぜか?自我とエネルギ…
PAGE TOP