痙攣性発声障害(SD)について

痙攣性発声障害(SD)について

現代・西洋医学での見解

痙攣性発声障害(SD:spasmodic dysphonia)とは、声を出そうとする時、本人の意思とは無関係に声帯の筋肉が過度に収縮してしまうため、声帯が閉まって声が出なくなる症状です。

筋肉の運動をつかさどる、脳のプログラム異常で起きる病気、もう少し細かくいうと、急に起こる筋肉の不随意運動(自分の意思とは関係なく現れる異常運動のこと)であるジストニアの一種であるとされています。

声の出し始めがつまる、言葉が途切れ途切れになる、のどの締め付け感、異物感がある、声がふるえるなどの症状が現れます。

しかし、何が原因で脳が声帯に「閉まれ」という指令を出してしまうのかは、まだ解明されていないようです。

菊地屋での見解

私自身、過去に非常に酷似した症状を体験したことがあります。
「酷似した」という表現をしているのは、実際には、痙攣性発声障害(SD)という診断を受けてはいないからです。

一度目の症状が発症した時は、耳鼻咽喉科で原因不明と診断され、二度目の時は、通院自体しませんでした。
(詳しくは私の闘病記をご覧ください)
症状名が不明だとしても、非常に酷似した症状を体験したのは事実です。その時の経験により得た知識が、痙攣性発声障害(SD)の症状改善に少しでも役立てられればと考えています。

それでは、本題へ。

二度目の症状が発症したころ、私は、既にこの仕事をしていましたから、一般の方よりは、自分の身体に現れた症状を客観的に分析できた部分があり、「どうすれば声が出やすくなるのか」毎日のように、さまざまな角度から検証していました。

おそらく、治療家もしくは医者の立場で、このような症状を自ら体験し、しかもその時の体験から、改善に有効な方法を検証しているという人間は少ないと思いますから、私の体験からくる知識は、同じような症状を抱えている方にとって多少意味のあるものになるのではないかと思います。

それではここからは、私が検証した結果、声が出やすくなった方法をいくつか紹介します。

つづき⇒声が出せない病気を克服するために、私が取り組んだこと

〇声が出なくなった時のエピソードが書かれている関連記事
私の闘病記
プロフィール
痙攣性発声障害や声が出づらい症状でお悩みの方におすすめの映画についての記事

ブログ

  1. 当院の患者さんへ。言語化が難しい感覚、モヤモヤした気持ちがあ…
  2. 子授け子育ての祈願が盛んな子之神社でお参り
  3. 依存する患者と支配欲が強い治療家は、共依存関係であることが多…
  4. 治療家という仕事をしていて、素直にうれしいと思う時。
  5. 私が考える、治療家にとって最も大切な仕事とは
  1. 患者さん向けのコンテンツ

    当院のセルフケア指導は、あえて、ゆるめにしています
  2. 患者さん向けのコンテンツ

    【沖縄旅行】きれいな海、心地よい波の音、美ら海水族館の映像&護国神社で厄落とし
  3. 患者さん向けのコンテンツ

    好転反応(毒出し)はなぜ起こるのか?
  4. 患者さん向けのコンテンツ

    子授け子育ての祈願が盛んな子之神社でお参り
  5. 患者さん向けのコンテンツ

    治療家という仕事をしていて、素直にうれしいと思う時。
PAGE TOP