頭痛・偏頭痛について

頭痛・偏頭痛について

頭痛は、いくつかの大きなカテゴリーに分けられます。
まずは、二日酔いや風邪によって起こる頭痛、このような症状は原因が解消されれば痛みも消失してしいます。

次に、くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍などによって起こる「脳の病気に伴う頭痛」は、激しい痛みがあらわれることが多く、 生命に危険がおよぶケースもあります。

最後に「慢性頭痛」ですが、このケースがいわゆる「頭痛持ち」と呼ばれる方のもので、頭痛全体の8割がこのタイプです。
「慢性頭痛」も更に細かく「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」3つに分類されます。

片頭痛
最も代表的な頭痛。ズキンズキンと脈を打つような痛みが特徴的。めまいや嘔吐を伴うこともある。 前側頭部の片側に痛みがあることが多い。女性によくみられる。

緊張型頭痛
頭部を圧迫されるような、重く感じる痛みがある。症状が長く続くことがあり、肩こりを伴うことが多い。

群発頭痛
中年男性に多く見られ、片目のあたりがえぐられるような激痛がある。 頭痛の持続時間は30~60分と短く、一度発症すると1~2ヵ月ほどの間、頻発する。

現代・西洋医学での見解

脳の血管の拡張や炎症、脳の周囲の筋肉のこりや、脳内の圧力の変化といった、いろいろな刺激が加わって起こる。 血管系や神経系が関係していると考えられていますが、頭痛の発生メカニズムはまだ明確には解明されていないようです。

菊地屋での見解

菊地屋では身体が「頭寒足熱」の状態であれば、気の流れ、血液の流れ、その他の体液がスムーズに循環すると考えていますが、頭痛の原因は、この状態が逆になった 頭熱足寒にあると考えています。

これは上半身が過剰な気、血液とで充血していて「頭熱(のぼせ)」になり、下半身は十分な血液が供給されず冷えている状態の事で、「冷えのぼせ」や「脳充血」「頭に血が上った状態」とも言えます。

頭熱(のぼせ)状態が慢性的に続くと、脳が過剰な血液によって充血し、脳内の圧力が上がる事で血管や神経の圧迫に繋がってしまい、結果的にあらゆるタイプの頭痛を発症すると考えています。

有効なセルフケア

頭痛には、頭熱(のぼせ)状態を改善してくれる頭寒足熱・冷えとり療法が有効です。
このセルフケアは、お金もかかりませんし、家で一人でできるものですから、是非、ご自分のペースで取り組んでいただきたいと思います。

ブログ

  1. 子授け子育ての祈願が盛んな子之神社でお参り
  2. 治療家という仕事をしていて、素直にうれしいと思う時。
  3. 当院のセルフケア指導は、あえて、ゆるめにしています
  4. 「読書のススメ」患者さんには、遠慮なくどんどん本を借りて欲し…
  5. 【沖縄旅行】きれいな海、心地よい波の音、美ら海水族館の映像&…
  1. 患者さん向けのコンテンツ

    母乳しか飲んでいないのに、赤ちゃんの成長があんなに早いのはなぜか?自我とエネルギ…
  2. 患者さん向けのコンテンツ

    当院の患者さんへ。言語化が難しい感覚、モヤモヤした気持ちがあればお気軽に相談して…
  3. 患者さん向けのコンテンツ

    当院の患者さんへ。本の貸し出しについてのルール
  4. 患者さん向けのコンテンツ

    【沖縄旅行】きれいな海、心地よい波の音、美ら海水族館の映像&護国神社で厄落とし
  5. 患者さん向けのコンテンツ

    治療家という仕事をしていて、素直にうれしいと思う時。
PAGE TOP