患者さんからの喜びの声4

※施術の効果には個人差があります。

卵巣嚢腫の改善報告

菊地屋の患者であるAさんから、症状の改善報告レポートを送っていただきましたので、ご紹介させていただきます。

私は2011年5月に両側卵巣嚢腫(チョコレート嚢腫が左右共に7センチ)と子宮筋腫(2センチ)の開腹手術を受けました。
手術は幸い大成功し体の回復も早かったのですが、ピルを飲むように医師から指示がありました。

自分としては「手術をして、悪いところを取ったらもう大丈夫!」と思っていたので、その後も薬を飲むと聞き愕然としました。(後に聞いたのですが、卵巣嚢腫が出来る体質の人は再発しやすいので、その為に予め薬を飲ませるそうです)

しぶしぶ、ピルを約一年飲み続け、定期的に術後の経過観察で病院に通っていたのですが、とりあえず再発もしていませんでした。
もともと、薬を飲み続ける事に抵抗があったので、2012年3月に薬を一時止めさせてもらえるように医師に話をしました。

自分の中で「もう再発はしないだろう!」と希望を持ってその後過ごしていましたが、3~4月は仕事が忙しく丁度ストレスが溜まっていた5月に経過観察で病院を訪れたところ、たった二か月薬を止めただけで左側にまた5センチのチョコレート嚢腫が出来ていました。
正直、愕然としました!!!「たった、二か月で出来てしまうの?手術した意味はなんだったの!!!」と。

再度ピルを飲み始め、6月に診てもらった際に5センチから2センチに縮んではいたものの「ああ、私はずっとこの薬を飲み続けるのか・・・」とガックリしました。

その後、8月の末に経過観察とピルをもらいに病院を訪れました。
医師は「ピルを飲んでるから何も出来てないと思いますよ」と、超音波エコーの検診はしなくても良いと言いましたが、ストレスが溜まっていた時期だったので「いえ、診てください」と言い、卵巣を診てもらいました・・・

医師も私も愕然としました!「卵巣嚢腫が5センチ出来ている!」と言われたのです!!!しかも左側の嚢腫は消滅していて、右側に代わりに出来ていると。

医師は「薬を飲ませているのに医学的にありえない・・・」と言い、しかも最初に出来た左側の嚢腫が消滅して、代わりに右側に出来るなんて本当にありえないと言っていました。それから、外部の機関でMRIを撮り、念のため癌を疑って腫瘍マーカーの検査も受けました。

一週間後、結果を聞きに医師の元に伺った際に、MRIの結果を聞き、更に再度超音波エコーて診てもらいましたが、やはりチョコレート嚢腫が5センチ左側に出来ていました(子宮筋腫も1センチほど出来ていました)。幸い癌ではありませんでした。

今後の治療はどうするか・・・医師に確認したところ、「これで縮まらなかったら1か月に一回ホルモン注射を打ち、半年後にピルに戻す」と言われました。
その時、「私が手術をした意味はなんだったんだろう」「医学的にないなんて言われ、じゃあ打つ手なんてあるのかな」と絶望しました。

それから、西洋医学以外の治療法を探し始め、出会ったのが、菊地先生でした。

HPを見て、正直、藁にもすがる気持ちでした。
ただ、「もう手術とか、投薬とか注射する前にいっそ出来ることはしておこう!」ぐらいな気持ちでした。

菊地先生は私がストレスに感じていることなどを親身に聞いて下さり「前の嚢腫は二年かけて出来たのに、今回は二か月で・・・私の精神が弱すぎなんですかね・・・」と、どんよりと言う私に「それは、二か月の間にその二年分と同じぐらいの大変な思いをしたということでしょう」と言って下さいました。自分でも本当に大変な二か月間だったので、そう言ってくれて気持ちがすごく軽くなりました。

施術中は体の中を電気が通ったようなビリビリとした感じや、痛みがあったり、電気が首のあたりから手のひらまで通っていく感覚がありました。
施術後、何となく気だるい感じがしたのですが、外に出るとビックリしました!体がものすごく軽くなっていたのです!本当にびっくりするくらいに!

その時「あれ?私もしかして卵巣嚢腫大丈夫かも!(←単純)」と、何故か直感的に思いました。その後のメールでも体を冷やさないようにと、きめ細やかなアドバイスを頂き、その後の事にも菊地先生は気を配って下さいました。

施術を受けてから、主に右半身に湿疹が出だし困惑したのですが「Aさんさんは、気に敏感でしたので好転反応がでたのでしょう」と言われました。

10月半ば、再度病院に行ってきました。その時「もし、これで腫瘍が大きくなっているようなことがあったら生理を止めよう」と思っていましたが、不思議と大丈夫な気もしていました。
そして、超音波エコーで診てもらったところ、驚愕の結果が出たのです!

超音波エコー中、医師がしばらく無言になっていたので「どうですか?」と聞いたら、「・・・ない。卵巣嚢腫がなくなってるの!!!1か月しか経ってないのに、医学的にありえない!」と愕然としていました。
私も「もしかしたら、小さくなっているかも」と期待はしていましたが、期待以上の結果に驚きました。

あまりにも劇的な結果が出ているので、私の体験はなかなか信じてもらえないかもしれません。でも実際に自分に起こったことです。
もし、私のように卵巣嚢腫で悩んでいる方がいるなら、一度手術前に考えてもらえればと思います。

私は手術をすれば、スッキリ治ると思っていました。でも結果はピルを飲み続けることになり、更に飲んでいても再発しています。
それに体にメスを入れるということは、傷が残るということです。私の体には一年以上経っても手術の跡が残っています。

もし、卵巣嚢腫や子宮筋腫で手術を宣告されていたとしたら、その前に一度、菊地先生の所に行ってみて下さい。私のように気持ちと体が軽くなって、良い結果がでるかもしれません。

最後に、私の拙い文章を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
同じ病気で悩んでいる人の役に少しでも立つことを祈る限りです。

※施術の効果には個人差があります。

院長菊地のコメント

Aさん

素晴らしい報告をしていただき、ありがとうございます。

Aさんが実際に体験したように、婦人病は再発が多い症状の一つです。

手術や薬などの対症療法を頭から否定する気はありませんが、その後、まったく生活変えずにいれば、再発してしまう可能性も高くなるでしょう。

再発を防止するためには、冷えをとり、全身の気の流れ、血液循環を改善させる必要があります。
また、Aさんの症状が再発した原因と考えられるストレスに対するケアも必要です。

菊地屋としても、できる限りのサポートをさせていただきますので、今後も地道にやっていきましょう。

もう5年になります。

auto-ybcqxv1

婦人科系の症状で悩んでらっしゃった、三鷹市在住、S・Kさん(会社員)からいただいた感想をご紹介します。

病院で、婦人科系の疾患で治療の必要ありと言われ、治療の内容に納得がいかなかったことから、菊地先生にお世話になることになりました。

もう5年になります。

最初は2週に1度の施術でしたが、数ヶ月後から3週に1度の施術で十分と先生に言われ、今は月に1度通っています。

施術中の先生とのお話が楽しいので、2週に1度通ってもいいと思っていたのですが、施術しすぎるのも体を甘やかしてしまうので良くないんだそうです。

良心的ですよね(笑)

通い始めてから、元々あった症状もほぼなくなり、肩こりがなくなるなど、全体的に体調がよくなったように思います。

※施術の効果には個人差があります。

院長菊地のコメント

S・Kさん、素晴らしい感想をありがとうございます。

もう5年になりますか、早いものですね。
(2012年12月の時点で)

あの当時から、できるだけ施術の回数は少なくするという菊地屋のスタンスは変わっていません。

理由はいろいろとありますが、その一つは、おっしゃる取りで、施術のし過ぎは、身体の自己治癒力を逆に低下させる可能性があるからです。

運動していなければ、体力が落ちるのと同じ理屈ですね。

現在は、月に1度の施術ですが、毎回、ほとんど大きな問題も無いのは、セルフケアを含めた、S・Kさんのさまざまな努力のおかげだと思います。
今後ともよろしくお願いします。

喜びの声3」← →「喜びの声5

ブログ

  1. 【沖縄旅行】きれいな海、心地よい波の音、美ら海水族館の映像&…
  2. 当院の患者さんへ。本の貸し出しについてのルール
  3. 治療家という仕事をしていて、素直にうれしいと思う時。
  4. 「読書のススメ」患者さんには、遠慮なくどんどん本を借りて欲し…
  5. 好転反応(毒出し)はなぜ起こるのか?
  1. 患者さん向けのコンテンツ

    私が考える、治療家にとって最も大切な仕事とは
  2. 患者さん向けのコンテンツ

    治療家という仕事をしていて、素直にうれしいと思う時。
  3. 患者さん向けのコンテンツ

    母乳しか飲んでいないのに、赤ちゃんの成長があんなに早いのはなぜか?自我とエネルギ…
  4. 患者さん向けのコンテンツ

    子授け子育ての祈願が盛んな子之神社でお参り
  5. 患者さん向けのコンテンツ

    当院の患者さんへ。言語化が難しい感覚、モヤモヤした気持ちがあればお気軽に相談して…
PAGE TOP