当院が考える突発性難聴の原因

突発性難聴になると、聴覚の機能が著しく低下するのはもちろん、耳の奥の詰まったような感覚が起こったり、場合によっては、吐き気やめまいなどの症状が同時に現れることもあるようです。

たまに、この病気になってしまったミュージシャンが、活動休止に追い込まれるようなケースもありますが、日頃から耳を酷使する仕事をしていなくても、誰にでも起こり得る病気です。

耳の中にある、文字通り内耳という部分の血液の流れが悪くなることが、突発性難聴の大まかな原因とされていますが、精神的なストレスが密接に関係していることは間違いないでしょう。

ストレスが主な原因であることに疑問の余地はありませんが、当院では、冷え(全身の血流循環不良)の存在も見過ごすことはできないと考えています。

東洋医学的には、耳関連の症状は腎臓と関係が深いとされており、腎臓は最も冷えに弱い臓器とされているのです。

したがって、突発性難聴を改善するためには、ストレスに対するケアと同時に、冷えを改善するセルフケアをすることが効果的だと考えられます。

有効なセルフケア法

突発性難聴を改善するための方法として、当院でおすすめしているのは、冷えを改善し、ストレス解消にもなる頭寒足熱・冷えとり療法です。

お金もかかりませんし、家で一人でできるものですから、是非、ご自分のペースで取り組んでいただきたいと思います。

ブログ

  1. 治療家という仕事をしていて、素直にうれしいと思う時。
  2. 母乳しか飲んでいないのに、赤ちゃんの成長があんなに早いのはな…
  3. 子授け子育ての祈願が盛んな子之神社でお参り
  4. 好転反応(毒出し)はなぜ起こるのか?
  5. 【沖縄旅行】きれいな海、心地よい波の音、美ら海水族館の映像&…
  1. 患者さん向けのコンテンツ

    子授け子育ての祈願が盛んな子之神社でお参り
  2. 患者さん向けのコンテンツ

    私が考える、治療家にとって最も大切な仕事とは
  3. 患者さん向けのコンテンツ

    「読書のススメ」患者さんには、遠慮なくどんどん本を借りて欲しい
  4. 患者さん向けのコンテンツ

    好転反応(毒出し)はなぜ起こるのか?
  5. 患者さん向けのコンテンツ

    母乳しか飲んでいないのに、赤ちゃんの成長があんなに早いのはなぜか?自我とエネルギ…
PAGE TOP