自律神経失調症について

自律神経失調症について

自律神経は血管・内臓など、自分の意志とは関わり無く働く組織に分布していて、呼吸・代謝・消化・循環といった 生命活動に必要な働きを調節しています。

しかし、この自律神経が狂う事により、めまい、急な動悸、冷や汗、動悸、血圧の異常変化、耳鳴り、腹痛、下痢、微熱、生理不順といった身体症状から、情緒不安定、不安感やイライラ、抑うつ気分など精神的な変化が起こる症状です。

現代・西洋医学での見解

ストレスやホルモンが影響していると言われているようですが、根本的な「原因は不明」とされています。

元々、病名の付かない復数の症状が複合した状況をまとめてこのように呼んでいる面が強く、いわゆる不定愁訴を寄せ集めたという印象を持っている方も多いのではないでしょうか。

症状だけ挙げれば10や20も複合している方も多くいるので、明確な治療法が確立していないのも無理はないかもしれません。

菊地屋での見解

菊地屋では、慢性的な頭熱(のぼせ)状態が自律神経失調症の主な原因になっていると考えています。
詳細は、頭熱(のぼせ)状態が慢性化すると、なぜ危険なのか?をご覧ください。

有効なセルフケア

自律神経失調症を改善するためには、頭熱(のぼせ)状態を改善する必要があります。

そのために、当院でおすすめしているのは、冷えを改善し、ストレス解消にもなる頭寒足熱・冷えとり療法です。

このセルフケアは、お金もかかりませんし、家で一人でできるものですから、是非、ご自分のペースで取り組んでいただきたいと思います。

ブログ

  1. 依存する患者と支配欲が強い治療家は、共依存関係であることが多…
  2. 子授け子育ての祈願が盛んな子之神社でお参り
  3. 私が考える、治療家にとって最も大切な仕事とは
  4. 当院の患者さんへ。言語化が難しい感覚、モヤモヤした気持ちがあ…
  5. 好転反応(毒出し)はなぜ起こるのか?
  1. 患者さん向けのコンテンツ

    私が考える、治療家にとって最も大切な仕事とは
  2. 患者さん向けのコンテンツ

    【沖縄旅行】きれいな海、心地よい波の音、美ら海水族館の映像&護国神社で厄落とし
  3. 患者さん向けのコンテンツ

    当院の患者さんへ。本の貸し出しについてのルール
  4. 患者さん向けのコンテンツ

    好転反応(毒出し)はなぜ起こるのか?
  5. 患者さん向けのコンテンツ

    母乳しか飲んでいないのに、赤ちゃんの成長があんなに早いのはなぜか?自我とエネルギ…
PAGE TOP