患者さんからの喜びの声7



こちらで掲載された患者さんの体験談は個人の感想や成果によるもので、万人への効果を保証するものでない事をご理解下さい。
施術の効果には個人差があります。

子宮を全摘出せずに済みました。

※下にスクロールすると、テキストによる読みやすい文章があります。

画像の説明


子宮筋腫で来院された、神奈川県横浜市在住、M・Tさん(内装業)からいただいた感想をご紹介します。


10月(2013年)に大学病院で子宮筋腫「13cm」と「8cm」と「5cm」くらいがゴロゴロあるといわれ、6ヶ月間ホルモン注射で少し小さくしてから、3月(2014年)に子宮ごと摘出手術と言われました。


その筋腫が1月(2014年)に「6cm」と「5cm」と「3cm」くらいがいくつかになり、先生からとりあえず経過観察にしましょうかといわれました。


思えば、10月にわらをもすがる思いで菊地屋さんのところへ行き、施術をうけ、体全体が冷えているといわれ、そーかなあと思いつつ、湯タンポと半身浴とシルク靴下3枚はきをやってみました。


2ヶ月くらいしてなんとなく今年は寒くないなあと感じ、まわりの職場の人に「今年、暖冬?」と聞いていました。


いきつけの美容師さんから「あれ?何か体にいいことか、サプリメント飲んでる?」といわれ、「元気な若い子の髪の毛がはえてきてるし、頭皮がきれいになっている」といわれました。


えーっ私、48才なんですけど…という感じで、自分の体が活性化しているのを感じてきました。


笑い話ですがその時、菊地さんに体が活性化していると思うのですが、筋腫も活性化したらどうしましょう?!
とたずねたら、活性化していない環境で筋腫が育ったので活性化したら、筋腫はむしろいづらくなるはずといわれ、ひと安心…。
そうすると、自身のセルフケアにも拍車がかかります。


●食事

1.根菜類・海藻類・豆類をたくさんとる

2.肉・乳製品をなるべくひかえる

3.ゆっくりかんで食べる(とても早食いでした…)

4.大食いをしない(いつもおなかいっぱい食べてました)

5.油をエゴマ油に変え、脂肪のとりすぎに気をつける


●腹式呼吸でイメージする

おいしい新鮮な空気を吸って、筋腫の毒をゆっくり出すイメージ


●散歩

車移動の日常のため、近所をウロウロ歩きました。


そうする中で、菊地さんのブログに過剰に健康を求めると不健康になることなどを参考に、明るく楽しくセルフケアを続けました。又、70点合格くらいの気持ちで焦らずにやってみました。
(参考コラム→過剰に健康を求めると不健康になる!?


とはいえ、まだ6cmの大きさなので…まだまだこれから…。


筋腫のおかげで菊地さんに知り合い、血液の循環の大切さを教わり、自分の体とむき合い、自分の体の声を聞こうとした時間は私には貴重で、これからもまわりの人や出来事に感謝して筋腫と共存していきたいと思っています。


菊地さんは施術自体の技術はもちろんですが、何か不安に思った時、ホームページにその不安を解決する考え方のヒントが見つかったこともとても感謝しています。

※施術の効果には個人差があります。

院長菊地のコメント

M・Tさん素晴らしいご感想をありがとうございます。


約3か月で「13cm→6cm」「8cm→5cm」「5cm→3cm」になったのは、何よりも、M・Tさんがセルフケアを頑張ったおかげです。


感想の中でも書かれていますが、特に、楽しみながら、無理をせず取り組めたことが、結果につながったのではないかと思います。


私自身も、楽しんで取り組むことの大切さを、改めて実感させられました。
ありがとうございました。


○最後に

全ての患者さんの筋腫が、Tさんのように小さくなるわけではありません。


当院では、「筋腫を無くす」というよりは、「これ以上悪化させない」こと、または「筋腫による自覚症状を改善させる」ことをメインに施術していきます。


今より悪化せず、自覚症状さえ気にならなくなれば、基本的にその筋腫は「実害の無い筋腫」と言えます。
つまり、生活に支障なく放って置けるわけです。

※関連ページ:「子宮筋腫について


「患者さんからの喜びの声8」へつづく

患者さんからの喜びの声6にもどる