固定概念を壊す

  1. photo-1452289765185-5df11aa2a706

    患者さん向けのコンテンツ

    私が考える、治療家にとって最も大切な仕事とは

    私は、治療家にとって、一番大切な仕事は、「患者さんの固定観念を壊すこと」だと思っています。固定観念とは、ざっくり言えば、凝り固まった思い込みや価値観…

  2. 映画やアニメについて

    【食わず嫌いはもったいない】約2時間で完結するので、初心者でも安心して観れるオススメのアニメ映画

    どうやら世間的には、あまりイメージが良くない趣味らしいんですが、私はアニメが大好きです。(これまでに観たアニメ、備忘録を兼ねて記録してみました。我ながら結構…

  3. bjbxvz-uyc-jordan-mcqueen

    患者さん向けのコンテンツ

    依存する患者と支配欲が強い治療家は、共依存関係であることが多い

    ある患者さん(以下Kさんとします)が以前通っていた治療院の先生は、食事や物の考え方など、あらゆることに対して非常に厳格な方らしく、その先生に会う時は、「今度は何…

  4. 読書について

    「人格という檻」 阿修羅 玄侑宗久/著を読んで

    〇感想患者さんから、よく聞かれる質問として、「性格(人格)って変わるんでしょうか?」というものがあります。前後の文脈によって、多少言うことは…

  5. 読書について

    「治そうと気張り過ぎる治療家が嫌われるケース」 解錠師 ハミルトン,スティーヴ/著を読んで

    〇感想この作品の主人公は、ある事件がキッカケで、8歳の時に言葉を失っています。物語の中で、彼の症状をどうにか治そうと、医者や言語療法士、カウ…

  6. 読書について

    「時には我を通すために戦うことも大切です」 白洲次郎 占領を背負った男 著者: 北康利を読んで

    自分の我を通す人というと、一般的には「我ままな人」、我まま=ダメな人と思われがちですが、実はそうでもありません。(子供のように泣き叫んだり、声を荒げて我と通…

  1. 読書について

    「時には我を通すために戦うことも大切です」 白洲次郎 占領を背負った男 著者: …
  2. 映画やアニメについて

    【食わず嫌いはもったいない】約2時間で完結するので、初心者でも安心して観れるオス…
  3. g6g93jtu1ve-aaron-burden

    患者さん向けのコンテンツ

    「読書のススメ」患者さんには、遠慮なくどんどん本を借りて欲しい
  4. 読書について

    人を深く描写しようとすると、重くて暗くなる。空白の叫び/貫井 徳郎・著を読んで
  5. vladimir-chuchadeev-110170

    患者さん向けのコンテンツ

    治療家という仕事をしていて、素直にうれしいと思う時。
PAGE TOP