当院では対応できないケース

shutterstock_99244763-min

当院では対応できないケース

「想像と違った・・」と落胆しないために

人それぞれ「治療院に望むもの」は違います。

その望むものと、当院の治療方針がかけ離れていれば、あなたにとって、当院の治療はストレスになってしまうはずです。

想像と違った・・と、後で落胆しないためにも、予め、当院では対応できない患者さんのケースをご確認ください。

〇マッサージをして欲しい方

〇セルフケアなど、自助努力はまったくしたくない方

〇婦人病の患部を「絶対に小さくしたい」と考えている方

〇男の治療家と一対一は避けたいという方

施術をお受けできない理由

〇マッサージをして欲しい方

当院で採用している手当て気功は、その名の通り、身体に手を当て、気を流していくソフトな技術です。基本的にマッサージは行っておりません。

〇セルフケアなど、自助努力はまったくしたくない方

当院では、施術とは本来、症状の改善という目標に向かって、患者さんと治療家が二人三脚で協力し合うことだと考えています。

施術を受けている時間は、患者さんの生活の中のほんの一コマでしかありません。
当然、治療家と接していない時間の方が圧倒的に多い訳です。

その膨大な時間を、少しでもセルフケアのために使えば、改善の可能性は間違いなく高くなります。

症状改善のためにも、「セルフケアを行うことを前提として」当院の施術は組み立てられています。

〇婦人病の患部を「絶対に小さくしたい」と考えている方

当院の施術は、筋腫やのう腫、内膜症やポリープを、「これ以上悪化させない」こと、または患部があることによって起こる「自覚症状を改善させること」を主な目的としています。

患部を小さくすることにこだわる方は少なくありませんが、今より悪化せず、自覚症状さえ気にならなくなれば、「※婦人病の患部と共存して生きていくこと」が可能だと考えています。

急がば回れと言いますが、まずは病気を悪化させないため術を身に着け、堅実に身体を変えていきましょう。
そしてその延長線上に、小さくなるというケースがあるのだと考えています。

どうしても患部を無くしたい、小さくしたい場合は、やはり手術を受けることが最も確実でしょう。

子宮筋腫や内膜症、卵巣嚢腫の患部と「共存する」という選択肢(ブログ記事へ)

〇男の治療家と一対一は避けたいという方

当院は、院長一人で施術を行う治療院です。

当院の患者さんの9割以上は女性ですが、みなさん、最初にお越しになる時は緊張されたようです。
男の治療家と一対一になるのですから、不安になるのも当然だと思います。

こればっかりは、ホームページやブログをご覧いただき、私が信頼できそうな人間か判断していただくしか無いのですが、それでもなお不安だという場合は、残念ですが、他の治療院をお探しいただいた方が良いかもしれません。

ブログ

  1. 子授け子育ての祈願が盛んな子之神社でお参り
  2. 【沖縄旅行】きれいな海、心地よい波の音、美ら海水族館の映像&…
  3. 治療家という仕事をしていて、素直にうれしいと思う時。
  4. 「症状があるのに検査しても異常なし(不定愁訴)」と言われた方…
  5. 当院の患者さんへ。言語化が難しい感覚、モヤモヤした気持ちがあ…
  1. 患者さん向けのコンテンツ

    【沖縄旅行】きれいな海、心地よい波の音、美ら海水族館の映像&護国神社で厄落とし
  2. 読書について

    「時には我を通すために戦うことも大切です」 白洲次郎 占領を背負った男 著者: …
  3. 読書について

    現実なんて曖昧なもの、だからこそ「救いがある」。 アミダサマ/沼田まほかる著を読…
  4. bjbxvz-uyc-jordan-mcqueen

    患者さん向けのコンテンツ

    依存する患者と支配欲が強い治療家は、共依存関係であることが多い
  5. vladimir-chuchadeev-110170

    患者さん向けのコンテンツ

    治療家という仕事をしていて、素直にうれしいと思う時。
PAGE TOP