患者さん向けのコンテンツ

治療家という仕事をしていて、素直にうれしいと思う時。

2015年は、おめでたいことに、なかなか赤ちゃんができなかった患者さんが、立て続けに妊娠された年でした。

妊娠された患者さんから「先生のおかげです」と言われ、自分でも意外なほど気持ちが動かされたこともありました。

結局、努力している患者さんが一番すごい

実は私は、なんらかの症状が改善し、「先生のおかげで本当にラクになりました」とお礼を言われても、良かったな~とは思っても、そこまで感動することもなく、わりと淡々としている方です。

といっても、別に私が無感動な人間というわけではないと思います。

そういうことではなく、当院の患者さんには、セルフケアに取り組んでもらっていますから、生活を見直した上に、定期的に治療まで受けに来ていただいているわけです。

そこまで努力していれば、よほど難しい症状でなければ、少しずつ改善するのは当たり前だと思っています。
誰にでも自己治癒力は備わっているわけですからね。

また、別の言い方をすれば、私の治療などよりも、生活を見直したり、少しずつ、物事の考え方を変えようとしてきた患者さんの努力の方がよっぽど大切だと思っているので、お礼を言われても、内心では「いやいや、あなたが頑張ったからですよ」と思っています。

素直にうれしいと思う時

しかし、妊娠した患者さんからのお礼の言葉には、素直に感動している自分がいました。

妊娠は、病気を治すのとは違い、自己治癒力を高めれば良いというわけではなく、「精神状態が深く関係している」ので、患者さんとじっくり向き合いながら、ある程度の時間をかけ、心と身体を整えていく必要があります。

そのため、赤ちゃんを授かった時は、患者さんと二人三脚で頑張ってきたという実感が強く湧き、特に感慨深いんです。

そして、やはり、いつでも一番うれしく感じるのは、「考え方や価値観が変わり、前よりも生きることがラクになった」と言っていただいた時です。

以前の記事でも書きましたが、私は、治療家にとって、一番大切な仕事は、「患者さんの固定観念を壊すこと」だと思っています。

そのため、患者さんから、前よりも生きやすくなったと言ってもらえると、それなりの仕事ができたのだろうと、手ごたえを感じることができるんです。

そういう時は、たまには自分の仕事を褒めてやってもいいかなと思ったりもします。

ということで、これからも、自分が納得できるレベルの仕事ができるよう、コツコツとやっていきたいと思います。

関連記事

  1. 患者さん向けのコンテンツ

    箱根神社でお参り

    2014年11月11日の記事10月末に3か月ぶりの連休で箱根温…

  2. 患者さん向けのコンテンツ

    「なぜザクロは縁起物なのか?」鬼子母神で授産・安産祈願

    先日、雑司ヶ谷の鬼子母神(きしもじん)に行ってきました。…

  3. 患者さん向けのコンテンツ

    好転反応(毒出し)はなぜ起こるのか?

    施術を受けたり、頭寒足熱・冷えとり療法などのセルフケアを行うことで、心…

  4. 患者さん向けのコンテンツ

    「でっかい観音様の顔に見とれる」大船観音寺でお参り

    先日の休みに、久しぶりに湯河原温泉に行ってきまして、その帰りに、大船観…

  5. 患者さん向けのコンテンツ

    縁結びのご利益がある・・らしい。東京大神宮でお参り

    先日、桜を見に千鳥ヶ淵に行った帰り、東京大神宮に寄ってきました。…

ブログ

  1. 依存する患者と支配欲が強い治療家は、共依存関係であることが多…
  2. 当院の患者さんへ。本の貸し出しについてのルール
  3. 母乳しか飲んでいないのに、赤ちゃんの成長があんなに早いのはな…
  4. 治療家という仕事をしていて、素直にうれしいと思う時。
  5. 当院の患者さんへ。言語化が難しい感覚、モヤモヤした気持ちがあ…
  1. 患者さん向けのコンテンツ

    私が考える、治療家にとって最も大切な仕事とは
  2. 患者さん向けのコンテンツ

    依存する患者と支配欲が強い治療家は、共依存関係であることが多い
  3. 患者さん向けのコンテンツ

    「読書のススメ」患者さんには、遠慮なくどんどん本を借りて欲しい
  4. 患者さん向けのコンテンツ

    治療家という仕事をしていて、素直にうれしいと思う時。
  5. 患者さん向けのコンテンツ

    子授け子育ての祈願が盛んな子之神社でお参り
PAGE TOP