患者さん向けのコンテンツ

好転反応(毒出し)はなぜ起こるのか?

施術を受けたり、頭寒足熱・冷えとり療法などのセルフケアを行うことで、心身が改善していくプロセスで、好転反応やめんげん反応(冷えとり療法では「毒出し」と表現する)と呼ばれる現象が起こることがあります。

こういった現象が起こる理由について、当院ではどう考えているのか、その仮説をお伝えしたいと思います。

好転反応が起こるプロセス

「重要な仕事の区切りがついた途端、具合が悪くなった。」

「長年のローンを払い終えた後、病気になった。」

「人間関係のストレスが解決できたと思ったら、病気になってしまった。」

こういった類の話を聞いたことがある方や、自分でも経験したことがあるという方は少なくないと思います。

多くの患者さんと接してきた経験からも、「気が張っている時は症状が出にくい」という身体的な傾向は間違いなく存在すると感じています。

気が張っているという状態は、端的に言えば緊張状態、ストレス状態のことです。

少し専門的な言い方をすると、自律神経の交換神経が活発に働いている状態と言えます。
(交感神経については、頭熱(のぼせ)状態が慢性化すると、なぜ危険なのか?をご覧いただくと理解が深まるはずです)

交換神経が優位になった状態が長期間継続すると、全身の血液の循環が滞ります。

血液の流れが悪くなるということは、おおまかに言えば、身体に必要な栄養素や酸素の供給が減少し、炭酸ガスや老廃物の排出も滞るということです。

つまり、身体中(特に内臓)に老廃物が蓄積してしまうわけです。

血流が滞り、老廃物が蓄積した状態の患者さんが、施術を受けたり、真剣にセルフケアを行うと、緊張から解放され、血液の流れが改善することになります。

すると、一時的ではありますが、「停滞していた老廃物が血流に乗って解放される」ことになりますので、だるさや眠気、その他なんらかの症状が現れることがあるのです。

そして、このような心身を回復させるために現れる症状のことを、東洋医学では、好転反応やめんげん反応(毒出し)と呼んでいるのです。

〇好転反応が現れるまでのプロセス

①長期間、緊張が継続(交感神経が優位になった状態)

②全身に(特に内臓)老廃物が蓄積。

③施術やセルフケア

④血流の改善により、滞っていた老廃物が全身に解放

⑤好転反応が起こる。

手当て整体を受けた後の好転反応について

手当て整体を受けると、緊張していた身体が急激に脱力し、全身の血流が改善します。
すると、前述したように、この時に好転反応が起こる可能性があります。

どのような好転反応が現れるかには個人差がありますが、当院の患者さんからよく伺う代表的なものは、だるさや眠気、風邪のような症状です。

だるさ・眠気

だるさや眠気は、今まで蓄積していた老廃物が、血流の改善と同時に全身に巡った結果でしょう。(その後、汗や尿、便などで外に出ると考えられます)

風邪(正確には、風邪に似た症状での排毒)

代表的な風邪の症状は、発熱、せき、鼻水などです。

発熱は、白血球(体内へ侵入してくる病原菌や異物、および自分の体内で発生した異物「ガン細胞、自己細胞の死骸、悪玉コレステロールなど」を取り除いてくれる)を活性化してくれますし、セキや鼻水も、体内の老廃物を排出する現象といえます。

その他にも、ほてり、下痢、発疹、尿の色が濃くなる、一時的に、お悩みの症状が重くなったように感じる、炎症やなんらかの痛みなど、さまざまな症状が考えられます。
(かなり個人差があります。)

好転反応が現れる可能性とタイミング

当院の施術では、できるだけ好転反応が起こらないよう、技術的な工夫をしております。

そのため、強烈な反応が現れる方は多くありませんし、不安になる必要は全くありませんが、症状改善のプロセスで、誰にでも現れる可能性があることは知っておいた方が良いでしょう。

なお、好転反応は基本的に、施術を受けた後、あまり時間を空けずに現れることが多いのですが例外もあります。

例えば、症状が重い方や、身体の反応が悪い方の場合、なかなか老廃物を排出できる状態にならず、初回の施術から数週間後に、やっと好転反応が現れるような場合です。

このようなタイミングで現れる症状を、好転反応だと見極めることは非常に難しいので、当院の患者さんには、「気になる症状が出た時は、どんなことでも伝えてくださいね」とお伝えしています。

関連記事

  1. 患者さん向けのコンテンツ

    「なぜザクロは縁起物なのか?」鬼子母神で授産・安産祈願

    先日、雑司ヶ谷の鬼子母神(きしもじん)に行ってきました。…

  2. 患者さん向けのコンテンツ

    子授け子育ての祈願が盛んな子之神社でお参り

    先日、湯河原温泉に行ったついでに、隣駅の真鶴にある子之神社でお参りして…

  3. 患者さん向けのコンテンツ

    依存する患者と支配欲が強い治療家は、共依存関係であることが多い

    ある患者さん(以下Kさんとします)が以前通っていた治療院の先生は、食事…

  4. 患者さん向けのコンテンツ

    当院の患者さんへ。本の貸し出しについてのルール

    当院では、全ての患者さんに、特に返却期限を指定することなく自由に本を貸…

ブログ

  1. 子授け子育ての祈願が盛んな子之神社でお参り
  2. 私が考える、治療家にとって最も大切な仕事とは
  3. 依存する患者と支配欲が強い治療家は、共依存関係であることが多…
  4. 「読書のススメ」患者さんには、遠慮なくどんどん本を借りて欲し…
  5. 治療家という仕事をしていて、素直にうれしいと思う時。
  1. 患者さん向けのコンテンツ

    【沖縄旅行】きれいな海、心地よい波の音、美ら海水族館の映像&護国神社で厄落とし
  2. 患者さん向けのコンテンツ

    「読書のススメ」患者さんには、遠慮なくどんどん本を借りて欲しい
  3. 患者さん向けのコンテンツ

    依存する患者と支配欲が強い治療家は、共依存関係であることが多い
  4. 患者さん向けのコンテンツ

    当院の患者さんへ。本の貸し出しについてのルール
  5. 患者さん向けのコンテンツ

    子授け子育ての祈願が盛んな子之神社でお参り
PAGE TOP