患者さん向けのコンテンツ

当院の患者さんへ。本の貸し出しについてのルール

当院では、全ての患者さんに、特に返却期限を指定することなく自由に本を貸し出しています。

いつか返却していただければ、どんな本をいつまで借りても自由ですが、3つだけルールを作っておきたいと思います。

カバーを置いていき、中身だけを借りる

どの本が貸出中なのかわかり易いように、カバーは置いていってください。
私が他の患者さんに対応中の場合は、ソファー前の机の上に、カバーを置いておいていただくだけで結構です。

汚れても、傷つけても構わないので、いろんな場所で、自由に読んでもらいたい

私は、読書は娯楽だと思っていますし、本は飾りではなく消耗品だと思っているので、好きなように読んで欲しいです。

汚れようが、傷つけても全然気にしないでいいですし、フタにタオルでもしいて、その上で読んでもらえれば、お風呂に持ち込んでも一向にかまわないですし、トイレに持ち込んでも大丈夫です(笑)

とにかく、気楽に読んでください。

ちょっと読んで、あまりピンとこなかったら、絶対に無理して読まないほしい

小説家の恩田陸さんは、一回読み始めた本は必ず読むらしいですが、私は逆です。

合わないと思ったら、結構なスピードで放棄します。

無理して読んでも時間の無駄だと思いますし、その時点では、うまく馴染めなくても、読もうと思った時には、「なんかこの本いいかも」というセンサーが働いたということは、後でなら読めるかもしれないので、とりあえずしばらくは置いておきます。

そのまま放置されたなら、ただたんに「縁」が無かっただけなので、それでいいわけです。

借りた本の場合、読まないといけない気がするのも無理は無いのですが、患者さんに妙な気を使ってほしくないので、最初に宣言しておきます。

ということで、あまり細かいことは気にしていると、リラックスして読書ができないので、とにかく気楽に借りて欲しいなと思います。

関連記事

  1. 読書について

    気まぐれに発表する先月に読んだ本「2015年11月のまとめ」

    最近、映画を観る時間が増えすぎていて、読書量がどんどん減っています・・…

  2. 読書について

    気まぐれに発表する先月に読んだ本「2015年5月のまとめ」

    最近は、夫婦そろって原田マハさんの小説をよく読んでます。今回読…

  3. 読書について

    気まぐれに発表する先月に読んだ本「2014年6月のまとめ」

    初めて横山さんの本を読みました。本当にうまい文章とは、こういうもの…

ブログ

  1. 「読書のススメ」患者さんには、遠慮なくどんどん本を借りて欲し…
  2. 当院の患者さんへ。本の貸し出しについてのルール
  3. 過剰なエネルギーは、自分や他人への呪いとなる・・ 現代人の祈…
  4. あなたは自分に流れる「血筋」について考えたことはありますか?…
  5. 人を深く描写しようとすると、重くて暗くなる。空白の叫び/貫井…
  1. 映画やアニメについて

    ヤイリギターの職人魂に共感⇒購入
  2. 患者さん向けのコンテンツ

    当院のセルフケア指導は、あえて、ゆるめにしています
  3. 患者さん向けのコンテンツ

    子授け子育ての祈願が盛んな子之神社でお参り
  4. 読書について

    それでも人は生きていけるものなんだという希望 おすすめの本 「後悔と真実の色 著…
  5. 読書について

    過剰なエネルギーは、自分や他人への呪いとなる・・ 現代人の祈り 呪いと祝い (著…
PAGE TOP