はじめまして。

auto-JSXQdt - コピー11

はじめまして

菊地屋院長の菊地勇介と申します。

画像の説明

数ある治療院の中から、当院のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

菊地屋は、東急東横線、代官山駅から2分恵比寿駅から9分の立地にある整体院です。

来院される患者さんは主に、

子宮筋腫子宮内膜症子宮腺筋症卵巣のう腫チョコレートのう腫生理痛不妊症などのあらゆる婦人病。
または、病院では原因不明とされてしまうような、なんとなくだるい、疲れが取れない、よく眠れない、イライラする・・といったいわゆる不定愁訴

などでお悩みの方が中心となっています。

(その他、当院で対応している症状は対応症例でご確認ください)

男性の方の治療も行っていますが、ほとんどが女性の患者さんです。

会社員や主婦の方はもちろん、土地柄も関係してか、俳優さんや声優さん、ミュージシャン、アナウンサー、イラストレーター、写真家、アパレルや出版関係、カウンセラー、学校の先生など、さまざまな業種の患者さんがお越しになっています。

手当てだけで本当に病気が改善するのか?

当院では、屋号のとおり患者さんの身体に「手を当てるだけの施術」を行っています。

おそらく多くの方は、手を当てるだけで症状が改善するなんて、なかなか信じられないと思います。

基本的には、患者さんからいただいた沢山の感想(全て合計すると300件以上あります)をご覧いただくか、施術を受けていただくことで効果を実感していただくしかないないのですが、例えば、背骨に手を当てて数秒~1分もすると、患者さんの左右の手の長さ違いや多少の骨盤の歪みくらいであれば簡単に整えることができますし、ある箇所の筋肉の痛みをほとんど感じないレベルにすることも可能です。

では、なぜ身体に手を当てるだけで症状が改善するのでしょう?

おそらくそれは、手当てが「人間にとって最も自然で受け入れやすい治療」だからなのではないかと考えています。

手当ては私たちの本能が求める、最も自然な治療法

私たちの身体には、どこかに不調が出ると、無意識的にその部分を手当てすることで症状を改善しようとする自己調整システムが備わっています。

例えばあなたも、けがした箇所をさすったり、目の疲れを緩和させようと目頭やこめかみをマッサージしたりなど、日常的に手当てを行っているのではないでしょうか。

こうした一連の行動は、基本的に無意識に行っているものなので、それが重要な意味を持っているとはなかなか考えにくいと思います。

しかし、よく考えてみると、無意識の行為とは、私たちの潜在意識、またはDNAなどの深い部分に書き込まれている本能的な行為と言えます。

精密なシステムである身体が、わざわざそこまでしているのですから、手当ての有効性は「私たちの身体が保証してくれているようなもの」です。

手当ての素晴らしさは、身体の自己調整能力だけではありません。
実は、心をケアすることにも長けているのです。

その例は、日常に溢れています。

例えば、子育てをしているお母さんは、子供の頭をなでたり、身体に触れながら添い寝をしたり、体調が悪そうであれば、お腹や背中をさすってあげたりします。
すると、子供はリラックスして眠り、具合が落ち着く事がよくあります。

また、落ち込んでいる人の肩に手を置いてあげたり、気分の悪そうな人を介抱する時に、背中をさすったりしますが、そうされた人間は不思議と気分が落ち着いてくるものです。
(身体に触れ合うことで情緒を安定させるオキシトシンというホルモンが分泌されると言われています)

このように私たちは、無意識的なコミュニケーションの中で、誰かから手当てをしてもらったり、自分で自分に手当てをしたりしながら心身をケアしているのです。

心と身体が本能的に求めているものだからこそ、手当ては「私たち人間にとって最も自然で受け入れやすい療法」なのではないかと考えています。

痛みや恐怖感がなく、リラックス効果抜群の療法

手当ては、身体に軽く手を触れているだけの、とてもソフトな施術のため、ボキボキと骨が鳴ったり、痛みを感じるようなことはありません。

施術を受ける患者さんの体感としては、身体の内側からじわっと温かくなる。張りつめた神経が緩む。体中の凝り固まった筋肉がほどけてゆく。そんな感覚を持つ方が多いようです。

リラックス効果が高く、神経が緩んでいく過程で眠ってしまう方も少なくありません。

jason-briscoe-149767

信頼できる整体院をお探しのあなたへ

整体院を決める際、多くの方が慎重に見極めようとするポイントは、「信頼できそうか?」という点だと思います。

技術的に信頼できるかどうかについては、患者さんの声をご覧いただき判断していただければと思うのですが、治療の技術以外にも、患者さんとスムーズに信頼関係を作っていくための取り組みを行っています。

あえて顔写真を掲載しない

その取り組みとは、「患者さんの顔写真をホームページに掲載しない」ということです。

大抵の整体院のホームページには、患者さんの顔写真が掲載されています。

当院でも以前は、顔写真を掲載していた時期もあったのですが、現在は、進んで掲載を許可していただいた数人の方以外、患者さんの顔写真を掲載しておりません。

とはいえ全く写真無しでは、さすがに不安になる方も少なくないと思いますので・・
顔写真を掲載しない代わりに、患者さんの後ろ姿や妊婦の方のお腹の写真、顔が判別できない角度からの写真などを多数掲載させていただいております。

たしかに、患者さんが明るく笑っている写真がホームページに掲載されていれば、安心感や説得力も増すはずですが、当院は婦人病に特化した整体院のため、患者さんのプライバシーの問題があります。

不妊症や、子宮や卵巣の問題を抱えている方々が、ホームページにお顔を出すことを好むはずがありませんからね。

私が患者さんの立場なら、仮に肩こりや腰痛をメインに扱う整体院で、デリケートな病気だと勘ぐられる心配が無かったとしても、顔写真の掲載はお断りすると思います。

私の場合、単純に写真嫌いだということが主な理由ですが、さすがに、自分が嫌なことを患者さんに強要することはできないと思い、ある時期から思いきって顔写真の掲載をやめました。

その結果、来院するのを躊躇される方が増えるかもしれませんが、有名人の方や、病気であることを知られたくない方、写真を頼まれたりすると断れないタイプの方にとっては、予め「顔写真の撮影は無い」と知っていることが安心につながることもあるのではないかと考えています。

患者さんとより良い信頼関係を構築していくための当院の方針にご興味を持っていただけましたら、このまま「初めての方へ」という記事にお進みいただき、私の人間性や施術の内容、患者さんの感想などをご覧いただく中で、当院で施術を受ける価値があるのか、本当に信頼できそうなのかをじっくり判断していただければと思います。

新しい世界に飛び込むのは、勇気がいることですが、その分、得るものも大きいはずです。

あなたが、根本的に病気を改善したいと思うのであれば、ちょっとだけ勇気を出して、東洋医学の世界に是非飛び込んできて下さい。
お待ちしております。

〇初めての方へ
症状やご要望によっては、当院では対応できないケースもございます。
ご予約をされる前に、初めての方へをご覧いただき、ご確認いただいた上でご連絡ください。

〇対応症例・施術範囲
あなたのお悩みの症状に対応しているかどうか、その症状について、当院ではどのような見解を持っているかをご確認ください。

〇電話番号
03-6312-3519 【初めての方へ】をご確認いただいた上でご予約ください

〇メールアドレス
kikuchiya10@gmail.com お問合せ

〇住所
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-20-8  代官山パーフェクトルーム612号室 アクセス

〇営業時間
11時~21時 (最終受付20時)

〇休診日
不定休 「週に1日、平日のどこか」でお休みをいただいております。

※基本的に土日、祝日は営業。
「当日予約をしようと思って連絡したら、残念ながら休診日だった・・」ということもあるかもしれませんので、できるだけ前もってご予約いただくことをおすすめします。

婦人科系の病気と、共に生きていくために_cs5mini
婦人病を中心とした、さまざまな症状を改善していくための具体的なセルフケアの方法、病気や身体の知識など、「身体面」からライフスタイルを変えていく方法について解説しているブログです。
できるだけ手術やホルモン療法による治療は避けたいと思っている方、閉経まで婦人病と共存していきたいと考えている方は是非参考にしてください。

自分を壊し、自分で選ぶていねいに生きていくために_決定ロゴmini
あらゆる病気や生きづらさの原因は、その人のライフスタイルの中に潜んでいます。
そして、そのライフスタイルを作り上げるのは、「○○すべきだ」「○○しなくてはならない」といった、その人の固定観念や偏った価値観です。

そういった生きづらさの原因となっている固定観念や偏った価値観を見直し、「精神面」からライフスタイルを変えていく方法について考察しているブログです。

〇無料メールマガジン
当院のブログと、以下の2つの姉妹ブログに掲載する予定の記事をメルマガにて先行発信しています。
その他にも、メルマガ限定のコンテンツも発信していく予定です。

ブログ

  1. 「読書のススメ」患者さんには、遠慮なくどんどん本を借りて欲し…
  2. 私が考える、治療家にとって最も大切な仕事とは
  3. 当院の患者さんへ。本の貸し出しについてのルール
  4. 治療家という仕事をしていて、素直にうれしいと思う時。
  5. 当院の患者さんへ。言語化が難しい感覚、モヤモヤした気持ちがあ…
  1. 患者さん向けのコンテンツ

    治療家という仕事をしていて、素直にうれしいと思う時。
  2. 患者さん向けのコンテンツ

    私が考える、治療家にとって最も大切な仕事とは
  3. 患者さん向けのコンテンツ

    子授け子育ての祈願が盛んな子之神社でお参り
  4. 患者さん向けのコンテンツ

    「読書のススメ」患者さんには、遠慮なくどんどん本を借りて欲しい
  5. 患者さん向けのコンテンツ

    当院のセルフケア指導は、あえて、ゆるめにしています
PAGE TOP